秘宝探訪記 〜二つの焔〜


さて、今宵も世界の危機(?)に集ったPCとGMが約三名。早速恒例の紹介と参りましょう。

 

クー・クライング・クルー キャスター0Lv/ソーサラー4Lv

魔装による強力な攻撃を持ち味とする典型的魔術師キャラ

だが、その本領はMP20を費やして放つ『全て燃えてしまえ』(広範囲無差別攻撃魔法)

その在り方は、言うなれば自在起爆型核弾頭

その特殊な生い立ちのせいか、普段はクールな魔法少女である。熱狂的なファンが居るらしい。

中の人/神無月氏

 近頃今までの漢キャラ路線から別なパターンを開拓しつつあるMr.PC1

  その通称を【ファンブルマスター(二代目)

 

御堂 鋼路(みどう こうじ) アタッカー0Lv/AKライダー0Lv (聖職者4Lv

《祝福》された聖なる拳が悪を断つ。
ゼロ距離対単体戦闘特化型、戦場帰りの重装甲神父。

防御力強化スキルやダメージ軽減スキルを保有しつつ、火力も確保した前衛タイプである。

コネはアンゼロットに取得。理不尽に振り回される日々を送る記憶喪失神父である。

中の人/九谷
ラノベと法律に精通する人間。比較的常識的なはずなのだが、プレイだと飛ばす。凄い勢いで

キャラ「に」染まる。ある意味、得難いプレイ能力の持ち主。

 

GM:虚穂

 ヘボGM(自称)の中身。暗夜に跋扈し、昼は灰と化すともっぱらの噂。

  その正体は・・・ただの活字好きなヲタクである。何故か通称『魔王』

 

クー:ワープ成長ダンジョンでも入ってみるとか

GM:ああ、歓迎しますがw

 

※ワープ成長ダンジョン……1タイルクリアするごとに1レベルアップ・経験点3点を入手できる

素敵なダンジョン。但し難易度も相応。

 

御堂:あー、それ行ってみるか。神父で

GM:ボスどうしようかな……w

クー:こちらは例の自爆娘。前衛と後衛それぞれいればなんとかなるかと。

御堂:おk。神父発見

GM:うい…ぢばく娘は、ザコが意味をなさない脅威w

クー:んじゃちょいと魔法を購入するとして、と。

 

ここで各々キャラの調整に入る。

 

御堂:……ちなみに、AKにはまだ乗れません

GM:なう・発送中…w

御堂:アレですな。フルメタのアーバレストみたくいきなりダンジョンに振ってくるんですよ。AK

GM:ミサイルならぬ魔王砲で

クー:ふむ、トラップサーチは3万vなので残り17万v or 170Gpはどうしましょうか。

ちなみに魔法容量は既に目一杯。

GM:んー…イヴィルアイとかは? というか、装備重量はいかほどw

クー:えーと…11で、現在ガーヴオブキングスとハーフヘルム、スモールシールドで重量5。

GM:(ふむ)装備魔法もフル装備済み? 魔法記憶と装備レベルは別個のようなので

クー:いや、クアファントのみですな。魔法力が下がるので最低限しか装備してません。

GM:まず、12万でマジックロッドが。重2、片手で魔導+

クー:あ、16万で戦羽織もいいな…防御+5、魔防+3はなかなか。

GM:ああ、それは優秀な防具。回避-1は魔法系なら関係無いしw

御堂:…みすたーぶしどー(ぽそ

GM:……サムライに(二期から)クラスチェンジw

 

後は仮面があれば完璧ですね。

 

クー:ふむ…一応ラースフェリア出身なのでS=Fからメイジサーベルでも取りましょうかね。

140Gpで重量1・魔導+1。羽織に比べると修正がささやかですが魔導は生命線なので。

GM:見た目は魔法戦士かw

クー:使うのは主に特攻するファン…今度プリンセスにでもなるかw

ファン「うわー、やられたー!」(どかーん

SE:エキストラは無尽だ、何度でも蘇る!!

御堂:……あー。ギアスR2のギアス兵を髣髴とさせるw

 

*ある意味、ルルーシュ皇帝ってプリンセスにクラスチェンジしていた気がしないでもない(ヲイ

 

GM:皇位についたのにプリンスのままとは、コレいかにw

御堂:セント☆ルルーシュなんですね

GM:…セント☆ブリタニアかとw

 

*二人揃って死んで来るべきですね。わかります

 

クー:余った経験点はせっかくなので「宿泊:スイート」「食事:豪華な食事」を常備化しておきますw

御堂:こ、このブルジョアめw

GM:ダンジョン内でも遠慮なく食べるかw

クー:しかし何故か冒険者セットは無い不思議。(マテ

御堂:ああ。俺も持ってないw

GM:…w

 

第八世界(ナイトウィザード)出身の御堂はともかく、第一世界(ラース=フェリア)出身の

クーが持っていない辺り、キャラ性が出ているようないないような。

 

クー:「あんなむさ苦しいところで寝られるわけ無いわ。所詮明日も知れぬ身、野ざらしになって

いつとも知れず朽ちるのが私にはお似合いよ」

…うむ、確かこんなキャラだったはずだ

御堂:「……にしてはやたら豪華な宿泊施設を利用しているようだが」(しかし止めない

うむ。ロードOK

 

 

導入 勤労怪奇チケット

 

GM:さて、君らがラビリンスシティに何故居るのかは知らないが、何故か遭遇したクーの手には

「来たレ、すくすく☆促成レベルアップダンジョン@ケイオティックファンタズマ」

とゆー招待状が。

 

いきなり狂乱全開なネーミングだが気にしてはいけない。

 

御堂:うーんと。あっしは確か前回から引き続き居残りですよな。こんな感じで。

アンゼ「もうちょっと居てください☆」

御堂「……」

GM:いえす、人狼さんとか魔砲使いは、宿にでもw

クー:「…悪趣味な(吐き捨てるように」

チケット「……もうちょいデザインは考えたほうがいいって言ったんですけどね?」

御堂:そして何故かシスティから同じチケットを押し付けられて途方に暮れるワタシ

クー:「そもそもチケットが喋る事自体が不可解で不愉快だわ」

チケット「あ、申し遅れました。私水先案内状のちぃ=ケットでございます」

御堂:「(……おもむろにちょっと破れるか否かギリギリの負荷をかけてみる)

チケット「あふんっ!?」(悶)

御堂:「(……折りたたんでみる)

チケット「(目がー)」(じたばた)

御堂:「……ふむ (器用に折鶴にしてみる) さあ、飛べ」

 

いきなりの無茶振りである。

 

チケット「…か弱い書状に何をなさギャー」

GM:…何故か、空中でゆらゆらホバリングしてますw

SE:あいきゃんふらーい

御堂:……すげぇ、本物だw

 

何が本物だったと言うのか。それは御堂にしか分からない

 

クー:「…もういいわ、書いてあった地図の場所まで行けばいいんでしょ? 一々案内が必要なほど

子供でも無し、アンタなんか…《燃えてしまえ》」

と、問答無用で燃します

チケット「ともかく。私の仕事は、私を受け取った方をとある魔王サマの構成したダンジョンにお連れ

(ギャーー)」

チケット「アツイゼー アツイゼー アツクテシヌゼー(ウワー)」

御堂:「いい最終回だった」(清々しい顔で燃えカスをポイしつつ

クー:「さて、気は進まないけど行くしか無いんでしょうね、きっと。」

GM:…ちなみに、燃えた後には何やら、厳重に封のされた第二の封筒が

御堂:「……逃げれば第二第三のチケットが来るようだ(封筒を見て)

GM:こっちは喋りませんけどねw

御堂:喋らないチケット? 市民、それは偽物ですね

 

Zap. Zap. Zap.

 

チケット「(Read Me!?)」

GM:余りの虐待振りに抗議している模様です。無言で。

クー:「(びりびりと封破き)で…どんな内容かしら」

御堂:「……まあ、大方無茶振りの類だろう(トオイメ」

GM:ああ、中に地図と、HPポーション相当のお札が2枚入ってるだけですがw

クー:「…ち。せめてMPならよかったものを」

御堂:「……うむ、問答無用になったな」

GM:裏面には「二酸化炭素削減運動 魔王エコ連合」と書いて有って、再生紙マークがw

 

魔王でも温暖化に気を使うご時勢らしいです。

 

クー:あ、因みに回復魔法は持ってないのでお覚悟を

GM:うわぁw

クー:キャスターですものw

御堂:大丈夫。こっちも持ってないb

GM:ヒールくらい覚えておくのは、そっちの聖職者…w

御堂:あー、買っておきます?

クー:出来ればお願いしますw

GM:まあ、あっても大差無いかもしれんが、無いよりはw

クー:こっちは経験点1消費してMPポーション2本程買っておきましょうかねえ…なんだかんだで

MP食いそうだ

御堂:但し、ワタシMP17……まあ、神鎧とかフェザーウォークとかの兼ね合いを考えると、

かなり辛い事態にはなりそうだ

 

御堂の属性である火・風に良い治癒魔法がなかったので、

通常の《ヒール》を習得していくことになった。

 

GM:まあ、今回の地図と一緒に魔術修得用のチップでも入っていたことにしますかw

御堂:いえっさー。

GM:さて、HEXは出してあるのでどうぞw

なお、「そのタイルでやるべきことを全て終えたらレベルアップ+EXP3」というシステムです。

 

 

タイル1  自爆娘、降臨

 

GM:では入り口…看板が。

看板:「伝説の秘宝(レプリカ)を巡るツアー」

看板:「秘宝を集めて、ダンジョンの秘密に迫ろう! しかし各秘宝には守護者が待っている、

かもしれない!!」

御堂:「……秘宝館か」

クー:「(無言で火砲)」

御堂:ちょ、今のって撃たれるようなことだった!?w

クー:冗談はお嫌いなようです。自分の皮肉を除いて(マテ

御堂:おk。把握b

GM:…w

御堂:「(ぷすぷす)……いや、見たままを言っただけだったんだがな?」

クー:「下世話ね」

GM:で、読んだ後。下のほうに小さく何かが。ちょっと、知覚で振ってみましょうかw

御堂:うす。CFも決めましょう

GM:ういw

御堂:C→Fの順で…(ころころ→8・8)……うわぁw

GM:……w

御堂:えーと、Cは8でFが10……ゴメン、ちょっとこっちは頼りにならなさそうだw

クー:知覚…7か、微妙に低いw

ではこちらもCFー(ころころ→9・4)お、こちらはまずまず。C9/F2としておきましょう。

GM:うむ、目標値は18でよろしく。

御堂:では知覚ー(ころころころころ)……Cの無駄遣いでした

クー:いきなり振りおったw

御堂:それが外道神父クォリティb

クー:b

GM:ああ、そうするとですな。

小さく書いてある文字で、「なお、このスクウェアを出るときに壁を三回ノックしてください」と

御堂:「……このスクウェアを出る時は壁を三回ノックしなければならないらしい」

クー:「…じゃ、行くわよ」(こんこんこん)

GM:うむ、そうすると罠か一つ解除されたりしてw

 

*警報装置が有りました、実は

 

クー:いきなり危ないw

御堂:OK、俺ナイスプレー

GM:さて、そうすると解除して一歩前進でおk?

御堂:いえっさー

SE:一歩 …… ! ああっと !

クー:ごーごー…って、その前にトラップたんt

御堂:不意打ち無効持ちノ

GM:一見すると木目の床なんだが。実はこんしーるど・滑る床でした

御堂:……トラップ探知は、うん。漢探知で

クー:w あ、そういやコイツ《資産》なんて持ってたんだった…ポーションそれで買えばよかったw

GM:今なら、ファンが届けてくれるのでどうぞ

御堂:チケットなしでも乱入する。それがファンクォリティ

クー:(ころころ→C連鎖)…なんだコレはw

御堂:えーと…3100Gp

GM:よく働くファン、という財産だったようです…マジックアイテムとか買える金額ですなw

クー:…えーと。《天冥の杖》でも買いましょうw

御堂:ファン2479号「みつぐ君」からの贈り物があるようです

GM:235号あと・みつぐ君も居ます

 

*必殺技は核分裂らしい

 

クー:で、ついでにMPポーション買ってちょうど3100Gp

「偶には使えるのも混じるのね。褒美よ、受け取りなさい」(ローリングソバット→クアファント連射

みつぐ君「うは、大サービスっ!!(歓喜のまま吹き飛び)」

 

□ □ □

■□□■

□ □ □

  

 

:進入地点

:滑る床(コンシール済)

:落とし穴

■:魔導砲台

 

GM:……さて、ではここから行動値で行きます。敵は、ボスとか以外はANY7で

御堂:「 (とりあえず無視しておく。何か互いに満足してるっぽいので)

うぃす。AKにクラス変わってるんで足が遅くなってますぜー

 (ころころ→20)……Cの目でも振り足しないから無駄遣いー

クー:(ころころ→12

GM:…w では、踏み込んだお二人は早速敏捷で18のチェックを。

御堂:(ころころ→18)b

クー:(ころころ→失敗) はっはっは、無駄無駄ァ

GM:ナニィw 失敗すると、コケて狼狽受けた上に行動が終了します

クー:ひぎぃw

GM:で、ですね。左右の突き当りがポップアップ式のウェポンラックになってたようで。

「やぁ」とばかりに魔導砲台が、筒先でご挨拶(死

クー:…(滝汗)

御堂:……うわぁw

 

いきなりの熱烈歓迎ムードに、PC達も血の気が引いているみたいである。

 

GM:行動値は17で動きますので、御堂からどうぞ

御堂:どうしたものか。クーを引きずって全力移動した場合、射線が通らない位置まで逃げ延びれば

……ただ、魔導砲台って射線の有無関係あったっけか(ふーむ

GM:ああ、元のsqまで戻れば、一応射線は通りません。そういうことにしておきます。

死神13じゃあるまいしw

 

《死神13》:射線の通らない場所にでも射撃攻撃を行うことができるようになる強化人間のスキル

ラリホーッ! 貴様は死神世界の夢の中にいるんだよっ! ポルナレフーーゥゥ!

 

御堂:とりあえずクーが沈黙した状態だと自分じゃどーにもならんので、クーを引きずって

元のSqに戻ります。はい

クー:「ふ、無様ね」(抱えられつつ

SE:ずるずるずるー

御堂:殴りにいっても一撃で落せる確証は無く挟み撃ち食らうだけなので(ずるずる

GM:そうすると、ターゲットロストしちゃった砲台は心持ち「むすっ」としつつ、カウントを12まで

落としますが

御堂:「……初手から中々ハードだな」

クー:「まあダンジョンものとしては常套手段じゃないかしら」

御堂:こちらが20で行動終了すると10+クーは狼狽受けて行動終了してるんで12のそちらでは

GM:いや、滑る床の上ならアクション終了だが、引っ張り出されたのでどうぞw

御堂:ををぅ

GM:あと、滑る「床」だけあって飛んでると無意味だとは知ってていいと思うw

クー:お、ではマイナーで狼狽回復して…射線がなぁ。支援も出来ませんし飛行も無理。

砲台s「(まだかなー?)」

御堂:箒に同乗する、という選択肢はあるが……

GM:…同乗すると、殆ど何も出来ないからなぁ…w

クー:どうせなので狼狽はメジャーで回復することにして、マイナーでは《天の術式》を3カウント

消費して使用しておきます。以上でこのターンの行動終了

GM:まあ、それは可能としておこう。そうすると…8まで落ちて御堂

御堂:さぁて困ったゼロ距離専門

GM:魔砲使いなら、まあ一撃一殺だったんだけど…そうも行かないし

クー:…あ。このまま次のターンのこちらの行動まで待てば一瞬で終るか、この状況。

GM:…ぢばくw?

御堂:ですな。自分はこのまま待機で

クー:タイル毎に回復するのを利用しての自爆連打w

御堂:メイオーウ

GM:怖w では、出てこないままでターンを終えて…次ラウンド。こっちは17なので、行動値どうぞ

クー:(ころころ→15

御堂:(ころころ→18) ギリ先手。しかしこちらは沈黙

GM:こっちも15まで、何も知らずにらめっこw

クー:んー、難易度30で魔導は25か…《エンシェントルーン》使わなくてもいけるな。

素の状態から《すべて燃えてしまえ》+《マジックコントロール》。

 

SE:めらっさ!(古)

 

クー:「いあ いあ ふんぐるい…」(ころころ→C)

クー:クリティカル成功。《死点撃ち》は勿体無いので使用せず。

御堂:何かフォマルハウト辺りからヤバいモノを呼んじゃったようです

GM:こっちは、抵抗0で魔防5、HP30…まあ、42点出れば落ちますw

ちなみに、それ範囲何スクエアでしょうw

クー:固定値で40ありますが。自分起点に5Sq、自分と御堂除いた全てが対象です

SE:カッ

クー:(ころころ)46点炎属性…まあ、正直ダメージは大したこと無い魔法w

GM:…あ、壁の向こうのほうに有った砲台まで消し飛んだw

御堂:(そして爆炎の中孤高に佇むクーを見てぽそっと呟くのです(ヲイ

「……乙女だ……」

クー:看板その他も焼け落ちつつw

看板「(焦げて落ち、しかしその下に)記念に持って帰ったり、相合傘を書いたりしないでください」

クー:「…巻き込んでやればよかったかしら」(デビルイヤーは地獄(

御堂:「……(敢えて無言)

GM:……綺麗サッパリになってしまったw

クー:タイルの中心でやると隈なくお掃除出来ますw

 

自爆少女は1タイル目から絶好調のようであった。

 

GM:さて、ではいかがしますか

クー:えー、ではMPポーション使ってからトラップサーチを。

GM:その位置だと…サーチしてもさっきの滑る床くらいだろうかw

クー:(ころころ→6点回復)トラップサーチ分は稼いだ、と。

おぅ、何も見つかりそうにないですかね

GM:うむ、一応見つかっても問題ないので、もう一枚滑る床が有る事だけは。

御堂:まあ、それじゃちょっと滑る床のところまで一人で出てみましょう。飛行して

GM:…焼け焦げた砲台の残骸が、「むざーんむざーん」と転がってますがw

御堂:(ふむ) んじゃもう一個の滑る床のほうまで進んで見ます

GM:…その視界に、新しい砲台が有ったリします

御堂:……ぇw

クー:「あーかいホウセンカ咲いたー…っと、何かあった?」

御堂:「……もう一匹。居た」

GM:…えーと範囲5だと、ここなら巻き込まれない、はず。

御堂:うほ。

クー:「あら。それじゃあそっちは任せたわね(ちぅー、とポーション啜りつつ」

御堂:「……中々に無茶振りを」

砲台s「お出迎えでゴンス」

GM:では、行動値。こっちはまた17

御堂:えーと、では振りますか

クー:「私じゃそっち行けないんだから仕方ないでしょう」(ころころ→16

御堂:(ころころ→21)はい、先行…とりあえずマイナーで左側の砲台に接敵。殴ります

GM:回避は固定7です

御堂:「さて。一個はこれで落せると助かるが……」

(ころころ→24)おk、Hit

大砲A「ばっちこーい」

御堂:(ころころ→39) 3点残ったかな。

GM:ええ、3点残してぎりぎりw

大砲A「(あ、あいたー!?)」

御堂:「……仕留め損ねたかっ!」

GM:で、17で近接砲撃と遠隔砲撃サンドイッチw 実は魔導砲台Uですが

御堂:……ちょw 死ぬwww

GM:えーと、魔導で20.当たると27点の虚属性魔法ダメージですな

御堂:虚属性なので装甲−5扱いでしたよな。で、抵抗ですか……苦手だなあ

GM:いえ、これは-5されません、ただの魔法砲弾なので

御堂:……ふぅ (ころころ)あ。片方は回避

GM:ちw

御堂:で、27防ぎきればいいのか……

魔導砲台「砲台の意地を見よ!」

御堂:(ころころ)3点通した。いたた

「……ち、かすったか」

GM:さて、クーは…優雅に昼寝とか?

クー:さて、こちらの行動…マイナーで《冥の術式》使いつつメジャーで滑る床に吶喊。

運良く通れれば右側に移動します。

GM:運良く無いと横滑りw

クー:(ころころ)順当にずるべたーんw

御堂:運が無かったらしい。まあ、次で順当にこの砲台は落すんで……一発なら耐え切れるはず。

GM:…運動苦手なのは良く解ったw

クー:まあまだ射線は通っていない…w

御堂:さて、11でこちらの行動……わんもあせっと(拳ぐっと

命中が固定で17あって、攻撃力が魔法で固定値32なんですが、どう足掻いても落ちますよね

砲台A「(我が物生に、一片の悔いナシッ!!)」(アッー

GM:砕けましたw

御堂:以下省略

GM:しかし、7でBが後ろをバックしてみる(

御堂:「……まずは、一基」(そして返す視線でぎろっとBを睥睨

GM:魔導で20、どぞw

御堂:次は貴様だ、と視線で語りつつ抵抗……(ころころ……あ)ふぁんぶる☆

クー:w

砲台B「だが断る(びしゅーん)」

GM:で、27点……てw

御堂:(ころころ→ピンゾロ)……6点通してちょっとご立腹b

砲台B「油断したなーっ!」

御堂:正直中の人は割りと油断してた。今では反省している

GM:…w

クー:で、行動値2で行動。しかしクーはもがいている!

 

SE:はねる

 

クー:では、滑る床からの脱出をw

GM:うむ、失敗するとまたじたばたw

クー:(ころころ)失敗しましたw

GM:……早く拾ってあげてくださいw

御堂:で。こちら行動値1……ひとまず射線から退去かな。

全力移動を試みまーす(ころころ)……16だと何Sq移動できます?

GM:6sqほどw

御堂:……吶喊しておつりが来るとな。コレは予想外

砲台B「このオレがスローリーだとぅ!?」

 

斯くして御堂が吶喊してこのラウンドは終了

 

GM:さて、次ラウンド。一発くらい打てること希望しつつ、行動値。

クー:(ころころ→14)

御堂:では行動値ー(ころころ→23)ふむ、先手。例によって殴ります

GM:一撃必殺で無ければ、撃てるぜw

御堂:(ころころ)順当に当たって。シナリオ三回だしENブースト使っておくか。どうせなので

GM:あ、それ。シナリオ一回にエラッタが。強力すぎたようです

御堂:……ナンデスト。では封印して(ころころ→ピンゾロで34)

GM:まだ原型留めてますw

クー:w

御堂:この世界に…神はいない…

GM:オレが、ゴッドだ…

御堂:さあ、かもん砲台

GM:では、まだ魔導で20以下略

御堂:(ころころ→C振り足し)23.回避

GM:ナニィ

御堂:「同じ攻撃が二度も通じると思ったか!」(紙一重で回避

砲台B「この至近距離からならば、いかなNWと言えど…  ナニィ」

GM:まあ、あとはもう「ボコラレマシタ」でいいがw

御堂:Wii

クー:ですねw

御堂:むーざんむーざん

GM:…しかし、何故かまだレベルが上がらないw

御堂:……何故に(

クー:ふむ、他に何か目に付くものは無いですかね?

GM:何故かというと、まだこのタイルを使う予定が有るからです。特にイベントは無いんですけど。

GM:さしあたり、目に付くのはじたばったんしてるクーだけかとw

御堂:てことは……コレだけ苦労してレベルアップなしで出ると。とりあえずクーは飛びながら拾う

クー:滑る床が破壊できたらどれだけいいことか…っ!

GM:壊すより飛んだほうが早いですからなw

GM:さて、どちらへ向かいますかね?

クー:んー迷ったら真ん中へ行けってばっちゃが言ってた!

御堂:だな!

 

 

タイル2 またしても砲台

 

 □ 

■□□■

□ □ □

  

 

:進入地点

:トリモチ(コンシール済)

:落とし穴

■:魔導砲台

 

GM:では、こんな感じですな。

御堂:……また砲台がありそーな

クー:「…で、秘宝とやらはどこにあるのかしら」

 

Q:どこ?

A:ダンジョンの何処かです

 

御堂:「……タイルを抜けることで俺たちの心に芽生える感情とか絆とか。それが秘宝だ

 とさっきの看板に書いてあった」

GM:なすりつけた!?

クー:「…使えない駄犬ね」

御堂:「……人が折角いいこと言おうと試みたんだから、嘘でも感動する素振りとか見せても

いいんじゃないか……?」

と言いつつぱーっと見回してトラップっぽいものを探してみます

GM:HAHAHA、感知を振ってみるといいよw

クー:ではサーチトラップで…ってw

御堂:(ころころ→C振り足し)……30だそうですが、なにかありますか?

GM:…ナントイウコトデショウ、目の前にトリモチがコンシールされてましたw

御堂:「……足止め受けた所で砲台にボコされる、という典型的なオチが見えたんだがどうだろう」

設計者「私はそれを希望する」

クー:…この場合避けて通れるんでしょうかw

「まあ、さっきのパターンで言えばそうでしょうね。二度ネタとはいえ有効な手だから」

GM:まあ、同乗すれば何とでも、と言うかw

御堂:ひとまず同乗状態で2Sq先まで抜けて、そこでもう一回トラップ探知かな……

御堂:……まあ、多分ここにもトリモチあるんだろうけど。

GM:うむ、ちらっと横を見たら、やっぱり砲台が待ってました、最初のsqと同じくw

クー:では取り敢えず同乗状態になっておきましょう。

御堂:で、わんもあ感知ー(ころころ→14

GM:うむ、今度は何もない。

御堂:……まあ、そうそう奇跡は起きないか

GM:さて、どうしようか、という状況ではある。

クー:ではこちらもサーチトラップで探してみましょう(ころころ→32

GM:それで見つからない罠は、多分存在しないと思うのですよw

クー:MP結構食うんだよなコレ…

GM:まあ、最初のタイルと構造は同じですな。

御堂:前のタイルで回復できてないのが痛いな……

クー:このタイル、右上と左上の角に砲台は無いんですか?

GM:んー、さっきと同じ構造であると踏まえれば、多分有る。ただ、まだ視界に入ってないだけ。

クー:んー…取り敢えず適当にボコっておきますか。多分大した損害も無く倒せるでしょうし。

御堂:3連射受けるからゼロ距離型には一番きつい布陣だが……已む無しw

GM:…と言うか、一発ど真ん中でボムれば終わるけどw

クー:あ、MP無いんで無☆理

GM:……さすが、燃費が悪いw あるいは、さっきのタイル戻って左右を捜索してみるのも手。

レベル上がれば楽にはなるので

御堂:……(ふむ) ひとまず回復した後、戻ってきてボムで終わらせる というのを提案してみる。

一番、手軽

クー:んい、ではそうしますか。

GM:というか、滑って転んでの次は粘着質プレイですかお嬢w

御堂:ファンが見たら写真撮影&動画録画ですな……というか、チケットの贈り主ファンだろコレ

GM:撮っていけば売れる光景……いやいやw

 

*よく見るとダンジョンの各所にカメラが!

 

GM:…どんだけ暇人だ、ファンw

クー:www

御堂:なんてったってファンですよ?w というところで同乗状態で戻って……

GM:さて、下のタイルで…左右どっちへw

御堂:んー……ダイス様にお伺いを。奇数←、偶数→で

御堂:(ころころ)ダイス様は「右に行くといいよ☆」と仰せになりました

GM:そうすると、角に「じゅんろ1→」という看板がこっそりw

御堂:ヲイw

クー:w

 

 

タイル3 橋っこ愚連隊

   ■

 ☆ 

 □■

 

:進入地点

:橋

■:親子砲台

:飛行禁止区域

:???

☆:秘宝?

 

GM:(橋のあるMAP展開) ちなみに、茶色い所は橋があったりします。

御堂:飛行禁止ですね。何かわかってきました

クー:「(ハンカチひらひら)じゃ、逝って来て」

御堂「何故に」

 

Q:何故に

A:みどーだから

 

御堂:「……已む無し(すたすた」

飛行は解除していきましょう。前回を踏まえて

御堂:で、橋の手前……渡るのはどんなかんじですかね

クー:ところで、損傷軽微とはいえヒールはしなくていいのだろうかと思ったり

GM:えーと、結構深い穴があるほかは普通に橋ですな。敏捷で14。

ヒールは、したほうがいいかもしれんw

御堂:あー、んじゃ橋を渡る前にヒールを。えーと、難易度は?

クー:ここでファンブったら涙目ですが、と不吉なことを言ってみる

GM:12です。魔導でどうぞw

御堂:……魔導8なんだよなあ……(ころころ)セフセフ

GM:そして、治癒でファンブルを(

御堂:(ころころ→15)鼻血拭きましたb

GM:…回復したらつまらないじゃ無いか(オイ

御堂:……4Lvにして初めて真っ当な「聖職者」らしい行動に至った気がしました。では橋へ

GM:…次は防御魔法を使えるようになろうなw

御堂:w

GM:というところで、ここから戦闘処理です。

御堂:(ころころ→18)はい、順当に突破……え

SE:橋に足をかけた、その時。君を狙う視線(もとい、射線)に気付いた!

御堂:「……!」

御堂:何かイルー!?

GM:…何か、親亀小亀状態の砲台がw

 

*二連砲台だそうです。

 

御堂:ギニャー!? ここはフェザーウォーク使ってでも一気に距離を詰めないと死ねるwww

GM:さて、Youは今橋の上。こっちは行動値17…さあ、その上で攻撃されるとオチるかもよw?

御堂:……あ。橋の上には居るのか。りょかいっす。ではINS……(ころころ→23

SE:速攻!

御堂:……うし、先手は取ったb

「なら、懐に飛び込んで!」

GM:クーはまあ……観戦w?

御堂:ドッキングしようZE

 

ラッセ兄貴自重

 

クー:(ころころ→13)さて、どうしたものか。橋なら渡れないことも無いんだけど…

今離れてて同乗状態にはなれませんw

御堂:まあ、観戦がお勧めb ではマイナーで一気に距離を詰めて、殴

GM:スペックはさっきと同じですが、単純に二機あるだけですw

御堂:……その場合、一基ずつ落していく感じですか?

GM:ですな、範囲攻撃有れば別ですけど。

御堂:なるほど。では仮称A

GM:ああ、それとね…同じようなのが、角を曲がった先に(

御堂:ごめん、クー。タスケテ

クー:w

 

僅か6行で前言を撤回する男。御堂 鋼路

 

GM:これ、1〜2Lv用ってタチ悪いなぁ…w

御堂:……まあ、頑張って一基ずつ殴り倒していこう……四連射イヤダナア……

クー:「全く…私より余程頑丈なくせに情けない男ね」

御堂:「……火力はお前に劣るからな」

(ころころ→C振り足し)51点火属性魔法……一基落したか

GM:うむ、当たるし、壊れるw

御堂:「……キリが無いな」

クー:「たかが四基よ、すぐ済むわ」

GM:で、17.目の前の物理砲台と、後ろの魔法砲台×2が一斉砲火(

御堂:照準は全部ワタシー。えーと。魔導20ですよな

GM:物理は命中で19で。

御堂:(ころころ)……をぅ、物理Hit

(ころころ→Cころころ)22……魔法一個目回避

(ころころ)二個目、命中、と。でぃは

GM:…物理は32点、魔砲は27でよろしくw

御堂:(ころころ) 物理は5点通して

 (ころころ)魔法は弾きました

GM:む、あまり効いてないw

御堂:「……流石に無傷とは行かないか……」

で、13PCsの行動か(ふむ

GM:砲台四兄弟(一名爆死済み)「「「撃てー、もっと撃てー」」」

クー:「すぐに行くからもう一基くらい落としておきなさいよ?」

取り合ずそちらがお先に。

御堂:まず、こっちは砲台を一基殴っておこう

御堂:(ころころ)以下略

「……無茶を言ってくれる!」

 

この拳撃、プラーナを1点使って何とか撃墜。

 

GM:微妙なダイス目ですなぁ…w

GM:ああ、そのタイミングで、だね。何か、もう一匹増えた悪寒。

御堂:「……ちょっと待て。なんか増えたぞ今(汗」

クー:「…?何か気配が」

御堂:まあ、順当に行けば奥に居ますよねえ……

SE:私の眠りを覚ますのは……どなただー(がおー)

GM:微妙に声だけ聞こえたりしつつ

御堂:しかも何か唸り声が聞こえましたよー?

クー:ではマイナーで二歩進み、メジャーで全力移動。

GM:で、13で二人とも動いてから、同じく13で動きますので。

クー:(ころころ)…あ、ふぁんぶる

GM:……!ああっと!w

SE:ずべしゃ

クー:橋につく前に転んだw

クー:「…痛い(むく」

御堂:「どうした! 敵か!?」(見えてない

GM:……えーと、攻撃力10の物理ダメージがw

クー:ちょまw

GM:(ころころ)16点上げますw

クー:…ああでも、これなら弾くかw (ころころ→22

GM:で、ですね。いきなり、クーの頭上でばたむ、と穴が締まりまして。横から凄い勢いで水が……

御堂:あ。すとっぷ

GM:うむ?

御堂:橋に着く「前に」転んでます。クー。つまり、落ちてません

GM:ああ、それなら大丈夫です。失礼。

クー:(安堵)

御堂:落ちたらヤバいことになるというのは把握しました(

クー:(こくこく)

GM:ただ、落ちると水攻めなので少し躊躇してくれなさいw

御堂:誘い出すのが安定かなあ

クー:というか。乗せていって欲しいw

御堂:……一旦戻るか。そっちにw 飛行不可とかがあると一蓮托生で墜落ですが

GM:で、ニューカマーの13が動きます。ああ、これ誘う必要ないですよ

メジャーアクションで《ブレードアサルト》…突っ込んできますがw

クー:ギャース!?

御堂:……落し子ですと。ワタシですよな

GM:(移動ジャッジころころ)……うん、一気に御堂の所まで突っ込んできて、そのまま何か

おどろおどろしいブレードでざくーっと。(ころころ→22

御堂:「……なるほど」(ころころ→C振り足し) 何とか見切って回避

落し子「(ききーーーっ)…およ、外した」

御堂:「……若いな。動きに感情が乗っている」

クー:今日はクリティカル多発w

御堂:ファンブルがいつ来るか戦々恐々ですがw

GM:まあ、当たると基礎40の魔法ダメージでしたけどw

御堂:……絶対当たらないようにしようw

落し子「…じゃ、そういうことで(しゅびっ)」

御堂:……へ?

GM:いや、見逃してもらえるかな、と無駄な期待をしつつw

御堂:「……こっちとしても無駄な戦いはやりたくないんだが」(ぽそ

正直、相手するのはしんどそうな敵と見た

落し子「…一応、アルバイト代分ってことでこのラウンドだけは(こそこそ)」

御堂:「……何とか対処しよう」(首肯

クー:「駄犬、何言ってるの?」(見えてない

落し子「うおー、なかなかやるなー(棒)」

御堂:「む、この漢……やる!?」(もちろん棒読み)

GM:さて、砲台sは7で動くとして…w

御堂:こちらは二人ともINS3ですな

GM:…まあ、順当に二連砲撃か。では、魔導20以下略。

御堂:(ころころころ)両方Hitして……27を頑張ると

御堂:(ころころころころ)3点通しました

GM:痒そうなw

御堂:「……(顔をしかめる)

GM:では、3.PC全員動いてから、落し子が一発斬りつける感じで。

御堂:……砲台方向に離脱って出来ますかね(ぽそ

GM:出来ますが、アクション使いますぜ。相手、飛行してますし

御堂:というのも。このまま此処に留まってもどうせ相手を倒しきれるわけでもないので。

次で先手を取れるなら砲台にエンゲージしてた方がいいかな、と

 

*全力で見逃すもーどらしい

 

GM:まあ、移動する分にはマイナーで隣へ離脱できますが

御堂:あ。待った。《ブレードアサルト》でクー側に万一行かれるとクーが死ねるwww

一旦クー側にマイナーで離脱…ちょっと飛行状態で橋辺りまで全力移動しておきましょう。

GM:視界に入ってこなければ切りませんがw

クー:のこのこと入っていく予定でしたがw

SE:闇翔ける殺意ー(ずばー)

御堂:いえす。クーは此処の情報共有してないのと、万一落ちたらそれこそ大惨事w

GM:…それは確かにw

御堂:(ころころ→移動ジャッジ)てなわけで飛行状態で橋に差しかかりますが……

SE:だっしゅ

御堂:「この勝負、ひとまずあずけるぞ(棒読み)

GM:…実は、飛行禁止かかってません、そこw

御堂:ナンデストw

落し子「おのれー、戦いに背を向けるとはー」(棒)

GM:心理トラップだったようです(

御堂:……というわけで、同乗すれば向こうにいけますぜお嬢

GM:マイナーアクションで乗せてもらってくださいw

クー:…ところで。橋の上だとこちらも橋に行かなければならないってことではw

GM:橋の上で決戦したいとなw

御堂:ああ、全力移動だから橋は抜けられるはずw

クー:あ、では大人しく乗っておきましょう。メジャーでは何も出来ないのでこのラウンドはこれで終了。

GM:そうすると…まあ、大人しく…必殺技?(ぇ

マイナーで接敵して、メジャーで《惑乱の渦》(範囲攻撃)とか

御堂:ぎゃあ…ちょ、ちょっと待った。橋の向こうだと足りなくないですか。ゐ動力

GM:ああ、移動力2だから確かに…まあ、伸ばせるけどw

今回は《闇翔ける殺意》にしときますw

御堂:アッー!? さて、標的は……ワタシですか?

GM:ビームブレイドユニットで天魔法にしつつ、御堂へ(ころころ→21

御堂:(ころころ→18)……プラーナ1点使っておくか。攻撃力が怖すぎる。

GM:あ、プラーナの振り足しは判定前宣言だったはず

御堂:をっと。だとすると……まあ、当たっておこう。《神鎧》でも使う覚悟で

クー:あー、こないだこっちがGMやってる時、うっかり後でもおkとしてしまいましたからそれでかも。

御堂:なるほど

GM:ああ、ぬるほど。では、ダメージ (ころころ→45)天・魔法でずばっと

御堂:《神鎧》使用余裕でした^^

えーと、これで基礎値31になって……(ころころ)8点通し。痛いぞw

落し子「あ、プラーナ使い忘れた。まあいいや」(てへ)

御堂:「……痛いな(埃払いつつ」

落し子「一応、アタッカーですから」b

GM:しかも2L

御堂:ナルホド

GM:で、行動終えてターン終了と同時に、落し子は撤退

御堂:さようなら。さようなら落し子

GM:倒すとウィッチブレード奪えましたが、まあw

御堂:使う当てがないしいいかな、と。では、ねくすとたーん

GM:砲台は沈黙しつつ17.

御堂:(ころころ→17)……ギリ先手

クー:(ころころ→17)おお、何故かこちらも先手をw

GM:…あとは消耗戦っぽいし、HPMPを2Dずつ削るなら倒してくれていいですがw

御堂:……これは2D削らなくても勝てそうな予感? 砲台二個だし

GM:まあ、撃ちまくれば瞬殺ですがw

御堂:殺るか。えーと、クアファントの射程はどんなもんで

クー:2Sqです

GM:どっちにせよ、御堂も殴るなら0距離まで寄ればいいのではw

御堂:なるほど。んじゃこっちは全力移動に徹して……ゼロ距離かな。

GM:…で、飛行禁止に引っ掛かります。

御堂:……何処でw

GM:砲台の一歩前で。さっき、飛んでなかったのでw

SE:Crash!!

御堂:……を、をにょれwww

GM:2DのHPダメージを差し上げます、両者へw

 

しかし二人仲良くピンゾロ。

クーに至ってはF値だったのでダメージなしに。

 

御堂:流石だよな俺らb

GM:…君ら、運いいなw

クー:b

GM:ファンブルだと…HP回復しとくw?

クー:そもそもダメージ受けてませんがw

SE:落ちたところにでっぱりがあって、良い具合にツボを!!

御堂:さて、というわけで全力移動でコケたんでこっちは行動終了w

GM:…まあ、コケただけなのでクーは動けますがw

クー:お、僥倖w では素振りでクアファントを砲台Cに(ころころ→33

砲台C「おにょれ、転びっぱなしの分際で(むきー)」

GM:…どうやっても当たりますw

クー:「寝ててもその程度の木偶、どうってこと無いわ」(ころころ→42

御堂:一撃必殺。

GM:42でジャスト爆殺w

砲台C「ナニィ!?(あぼーん)」

GM:では、砲台Dが決死の反撃をクーへw

御堂:コッチジャナイノカ!?

GM:撃ってきましたので、応射しとくのが砲台の礼儀

 

砲台の礼儀らしい。礼儀なら仕方ないよね

 

GM:魔導で20なので、抵抗どうぞw

クー:「…ふぅ。疲れたわ、あとは任せる」

と超油断して後ろ振り返り(ころころ→回避失敗)

砲台D「おのれ、ゆだんしたなー」(びー)

GM:ちなみに、魔攻は27点w

SE:びすっ

クー:(ころころ)7点通して…あ、半壊w

GM:薄w

御堂:「……(通夜のような沈痛な面持ち)

GM:2Dダメージよりは与えたし、良く頑張った大砲w

クー:「ッ!…この程度じゃ足りないわ…絶望という絶望を絶望しろ。死線を越えるには100年早い」

GM:……あー、では砲台が絶望してみまして自壊しますw

御堂:とりあえず後は二人がかりで殴れば落ちそーですしなw

SE:僕ら甘かったDEATH!(あぼーん)

御堂:……さて、お嬢。ヒールはいるかね?(イイ笑顔で

GM:……アタッカーにヒールを頼まねばならない屈辱ってw

 

ニア 屈服してみる

強がってみる

く、悔しくなんか無いんだからね!

 

御堂:盛るぜー。ファンブル盛るぜー

クー:「早くなさい。私が居なくてもここを踏破出来るのなら無理にとは言わないけど」

御堂:「……(頷きつつ)」 (ころころ)ほい、9点回復

クー:全快、と

御堂:基本的にアンゼとの付き合いで慣れてるのです。理不尽な横暴に

GM:……なるほど。さて、奥のほうですが、もう罠は無いですw

御堂:そして自分にもちょっとヒールしておいてみる(ころころころ)おk。では奥へすたすたと

クー:同じく奥へ

GM:ただ、「秘宝 MAOHの鉄槌」と書いてありまして。

何か、禍学的で有毒っぽい物質のど真ん中に、金槌が一本固定されております。

御堂:「……何故だろう。無性に帰りたくなってきた」

とりあえず取りにいきますかー

GM:えーと、台座から筋力ジャッジで20で取り外せますが、周囲が酸の海でトリモチのようです。

あと、飛行禁止。

御堂:んじゃやってみましょう。頑張って(よっと

SE:じゅーっ

クー:「…まあ、割と同感だけど。こうまであからさまだと却って気になるわね」

こちらは力になれないようですw

GM:一回挑戦ごとに酸の海ダメージ、ってことで

御堂:マズは進入……筋力ジャッジ20で(ころころ)あ。失敗

SE:じゅーっ(1)

御堂:どのくらいでしょう。ダメージ

GM:3点です

御堂:では3点食らってもう一回(ころころ→失敗)

SE:じゅーっ(2)

御堂:……ぐ。ちくちくと3点食らってもう一回(ころころ)あ。ふぁんぶる

SE:じゅーっ(3)

御堂:こ、コレは悔しい……w

GM:美味しいなw

御堂:(ころころ→またファンブル)此処に来てwwww

SE:じゅーっ(4)

GM:……ジャストの出目でファンブルってw

クー:またもw

御堂:(ころころ→C)あ。C出たんでこれで終了。次は離脱か

GM:を、やっとw ああ、そこでだな。  ハンマー、折れます

御堂:……レプリカでしたよねアッーーーーーーーーーーー!?

GM:で。

 

SE:まおーん

GM:何故か、腕部に「まおーん」という刺青が(

クー:…同化したのかw

SE: すごく のろわれた きがした

GM:以後、フォートレス内では筋力ジャッジが+5されますがw

御堂:『マッスル属性を 手に入れた!』(しすてむうぃんどう

御堂:さて、ではトリモチから頑張って離脱ー。

SE:まおーん

 

GM:…まあ、+5されてれば楽々離脱できるかとw

御堂:筋力でしたっけ

GM:うむ、18.

御堂:(ころころ)ずぼっ

クー:「…」(特に興味無いので枝毛を探し始めた)

御堂:「……死ぬかと思った」

SE:まおーん(from刺青)

クー:「死ねばよかったのに…」(ぽそり

御堂:……コレでメインイベントは消化、ですかな(ふむ

「橋で落ちてしまえ」(ぽそ

GM:いえす、あとはタイル抜ければレベル上がります……まあ、クーを放置して離脱した場合、

クーが無事に出られるかはダイスのみぞ知るw

クー:「後ろから撃ち落すわよ」

御堂:「…(引きつった表情で、一応義務ですからと言わんばかりに同乗するか? とじぇすちゃー)

クー:「(さも当然のように後ろに)

SE:この理不尽さ……アンゼ以上、だと……

クー:「ハイかイエスでお答えください」とどちらが理不尽かといわれると向こうが上の気がする…w

GM:クーの場合、「ハイでもイエスでもいいから平伏しときなさい」かとw

御堂:「(そして何やかんやで乗せて出る男)

タイル離脱で

 

何でしょうね。このいつになくギスギスしたパーティは。

 

GM:レベルアップと経験値3をどうぞw

 

成長:御堂の場合(GL45

御堂:AKだ……これでようやくAKが手に入るよ……(滂沱)

GM:しかし……ボッコボコw

御堂:うし、当初の予定通り《AK所持》でAKブラスナックルを取得。

そして《AKアームズ》でドラゴンブルーム弐式をAK武器化

妖しい銀髪「どもー、聖王庁からお届け物デース」

妖しい銀髪「AKと……ナニコレ、免許?」

御堂「……(ふむ、と眼を通し) 武装神父御堂鋼路、確かに受領した(判を押しつつ」

妖しい銀髪「まいどー」(すたたた)

 

*聖王庁から独自行動の免許がもらえたそうです。Mr.キリシタンとして頑張りましょう

 

成長:クーの場合(GL45)

クー:ソーサラーを伸ばしたいところだが…ここはキャスターで《サクリファイススペル》か。

GM:核爆連射か…w<さくりふぁいす

クー:んで、《代償軽減:発動攻撃魔法》も取得して《神の憤怒》も使いやすく。

GM:……ら・でぃあるw?

クー:いえっさw

GM:そして、魔術を高めるクーの横で、怪しげな機動兵器に乗る神父

SE:着装、聖闘機兵「武羅衆泣龍」!!

御堂:のんのん。ドラゴンブルーム参式 聖王庁特務仕様試作型であります。

聖遺物を組み込んだ最新鋭の機体です。

GM:…むしろ、ゴッド・ましーん・いんたーふぇーす…w

御堂:あとはAKで取るスキルあるかなあ……無ければ聖職者に戻りたい……w

GM:さて、一段強く成ったはずのところで、HP/MPを3()回復しといてくださいw

クー:ぐ、33なのでギリで回復量が10に届かない…w

GM:AK強いですよ、《マルチロックオン》とか《オートインジェクション》、《イナーシャルキャンセラー》

多人数ターゲッティング、HP/MPとバステ同時回復(INS)、ダメージに対して防御・魔防+

御堂:《イナーシャルキャンセラー》のために残りますw

GM:…w さて、サクサク進むなら左へドウゾ。「順路2←」って書いてあるので

御堂:あと、鎖帷子は衣服じゃないですよな(ふと

GM:アレは「上半身」ですな。

御堂:うぃ。では登録抹消。では、左へ

 

 

タイル4 デスローラーのパーフェクトれきさつ教室

 

■□□

□ ☆

■□

 

:進入地点

■:扉+デスローラー

:???

☆:秘宝?

 

 

GM:真正面、奥に扉が。

御堂:……開けた途端に集中砲火とか?w

GM:あるいは、デスローラーとか。まあ、俺なら開けた後で閉じ込めて、タイルごと水攻め

クー:折角覚えたサクリファイスを使って壁越しに焼き尽くす(マテ

SE:全て……萌えてしまえー(とぅ

 

*対象はエキストラ限定

 

御堂:……w

クー:まあ、取り敢えずトラップ探知を。

GM:まあ、それが正しいw

御堂:うぃ

クー:魔法使って探知ー(ころころ→30

GM:…余裕で解りますが。

えーと、このドア。開けると右向きにデスローラーが爆走します、壁から出てきてw

御堂:……ひぎぃw

クー:解除は可能ですか?

GM:いえす、器用で20ってとこです。ドアは破壊不能に設計されているようです。

御堂:ふむ、器用なら12あります

クー:こっちは6なんでお願いしますw

GM:ちなみに、失敗すると振り向く間も無く轢かれますw

 

そして解除を試みる神父。だが……

 

御堂:(ころころ→19)……ゴメン

SE:ずずん

御堂:「……をぅ」

GM:えーと、戦闘処理になりますが。こいつ、出てきて踏み潰して去っていくので攻撃だけ行います

クー:「…本当に使えない、駄犬」

GM:《死の回転》で、絶対命中させつつ全員を轢殺(ころころ)防御-5でガードどうぞ

クー:(ころころ)死にそうw

御堂:(ころころ→C振り足し)弾きました(ヲイ

GM:……ちゃっかり弾いてるぞ、発動させた人w

クー:13通って…半分以上もっていかれましたw

御堂:凄いよこの参式! さすが弐式を組み込んだだけのことはアッー

御堂:そっちにはヒールをしておこう

GM:デスローラーは、満足げに向こうの壁へ消えてゆきましたw

御堂:(ころころ)だが発動失敗DA

GM:……w

SE:神は回復したくないと駄々を捏ねている!

御堂:(ころころ→ワンモア失敗)何という神……w

SE:…もう無理しなくってイイよ?

御堂:まあ、そこが落ちるとこっちもきまずいのでもう一回 (ころころ)ギリ成功

クー:1ずつ増えていくとは…w

御堂:(ころころ→14)鼻血をふくがいい!

クー:うぃ、全快…もしファンブルだったら死んでましたがw

GM:しかし、扉を開けると向こうの突き当りには…  また扉が(右側)

御堂:扉を抜けた先はまた扉だった……

クー:…ではもっぺんトラップ探知。(ころころ→33

GM:……うん、またローラーなんだ。すまない(

御堂:射線上から逃げとけw

クー:ではちょっくら下がってますw

御堂:では改めて解除ー(ころころ)うん。失敗なんだ。すまないね

SE:がっこん ごろごろごろ  ぐしゃっ

クー:「…まあ、今回は自分が痛い目を見るだけだし」

 

そしてまた弾く神父。どれだけ硬くなったと言うのか

 

GM:……そして、発動させた人は痛くないぱーと2…w

クー:もう漢探知で任せておくw

御堂:w さあ、次だ

GM:だが扉だ

御堂:えーと、感知を一応

クー:さあ、ローラーを恐れずに(マテ

御堂:(ころころ→13)なにも わからない

GM:……ずぃす・いず・とびら

クー:燃費が悪いのでもう魔法は控えておきます。素振りで一応(ころころ)

GM:……ざっと・いず・とびらw

御堂:よし、クー。逃げてろ(清々しい笑顔で)

クー:…(さむずあっぷ)

御堂:では、扉を開けよう。ご開帳ー

SE:がちゃ

GM:うん、扉に手を触れるとだね…あれ、握り返された?

御堂:「……え」

 

SE:何と、扉はイリュージョンされたFOEだった!

 

御堂:ナンテコッタイw

クー:これ、俺がGMだったら前のロードローラーが消えた方から帰ってくるとかやるだろうな…おぅ、カボチャ襲来w

GM:……何か、AKに似合いそうなサイズのビームソード持ってる女性がw

女性「はーい、残念でした」(ぶんぶん)

御堂:「(女性を制止)……そこは、だ」

女性:「はいはい?」

御堂:「「残念でした! あなた騙されちゃったの!」で頼む」

女性「(ぽむ)残念でした!あなた騙されちゃったの! ちなみに、アルバイターなので例に拠って

1Rだけ」

クー:「…何を言っている?」(またも見えてない

御堂:「まあ、分かりやすく言うとだ。クー

 来るな。死ぬぞ(トオイメ」

クー:「…りょかい」

御堂:流石に前衛剣士の攻撃はきっついべ……

女性「じゃ、行くよー」

GM:えーと、行動値にプラーナ1で。(ころころ→27

御堂:3回行動か……(ころころ→19)こちらは二回行動に留まりました

魔剣使い「そいじゃ、割とフルパワーで行くよー」

GM:m《振りかぶり》M《捨て身の一撃》、当たれば《魔器解放》載せます。

クー:(ころころ→13)怖w

御堂:……骨は拾ってくれ(さむずあっぷ

GM:で、命中にもプラーナ1.(ころころ→28

御堂:……これはやばいなー……でも避ける目が無い

魔剣使い「切れるぜー切れるぜー   …切って捨てるぜー!!」

御堂:(ころころ→ファンブル)ふっ(諦めの笑顔

GM:…ヨリニヨッテファンブルしなくてもw

魔剣使い「…吼えろ、星丸!!」《魔器解放》で

クー:…シンダナ

GM:いや、実はそうでもなくてね(ころころ)60・火魔法で。

御堂:……神鎧起動して……33スタート。一撃死は免れたものの

GM:魔器解放が一発おんりーの都合上、以後は火力が落ちるのと…コストが厳しいのです、コレ

御堂:(ころころ)……プラーナ1点。振りなおしておこう

GM:…微妙なw

御堂:(ころころ)22点通し……おk、2点残した

GM:で、《ヒットアンドアウェイ》で一歩離脱。

魔剣使い「まだまだ切るよー」

御堂:……げ。クー、逃げろ

クー:…ふむ。こっち来られたらガチで手の打ちようがないw

GM:次12で動くので、逃げれるとは思うが。カウントコストが大きいのです、この人

御堂:さて。19のワタシ……どうしようかな

GM:…一応、殴っておくべきなのではw

御堂:Hpポーション相当のお札って一枚ずつ持ってた感じでおkですか?

GM:ああ、おkです。

御堂:うぃ。それを使用。更にプラーナ1点使ってダイス増幅。

治癒力は……ポーションだと0でしたっけ

GM:いえす

御堂:(ころころ→7)……びみょ。とりあえず回復するだけ回復

GM:…無いよりはマシ、というかw

御堂:残り9点……まあ、次を耐え切れば無いと見た

クー:んーむ…取り敢えず《護法剣》は持っていると見た方がいいですかな(戦意満々な人

GM:強襲タイプなので、本当に後は無いですw

GM:ああ、この人前衛で安定するように、護法と金剛持ってます。

あとは移動力を補うための《ヒットアンドアウェイ》とか。

御堂:「戦場で最も重要なのは勝つことでも殺すことでもない。生き残ることだ(人心地つけつつ」

GM:あとは…衝撃波かな。

御堂:今すぐ全力で逃げろ!?w

GM:フェザーウォークと組み合わせて縦横無尽に攻撃を届かせるのが強みなんです

クー:「私にとって死ぬことは問題じゃない…呪い、あれ」

一歩進んで《神の憤怒》で攻撃ー。(自殺行為) (ころころ→36

GM:どっちが怖いやら…(ころころ)いや、ムリムリw

プラーナ入れて《護法剣》しないと、消し飛びそうだw

クー:んーと、行動値が引かれるのは行動が終ってからでしたっけ?

GM:いえす、アクション終えた後に纏めて。

クー:ふむ。では《ドロウルーン》使用。カウント6消費して魔攻に+12。

GM:0未満になるようには使えないのです……うをw

クー:これなら魔法とスキルで−10されて3、その後行動終了で0以下に…という流れなのでおk?

GM:火力ドンだけよ…ああ、おkかとw

御堂:叩き潰す気満々だなあw

GM:ガードの上から粉々の悪寒ですよw

クー:ではダメージロールごー。

「ら・でぃある…これは神でなく、私の怒り。」(ころころ→C振り足し→75

御堂:75と

GM:……何か、おかしい火力を見たw

クー:そしてクリティカルも入るとw

GM:《護法剣》にプラーナ1でガードしてみますが…みますがねぇ…w(ころころ→52

御堂:どういう争いだ其処w

クー:結構防がれるなぁ…w

GM:HP37,生きてますけど、一発でこのガードの上からえらい目に。HPヒト桁w

魔剣使い「……何というピカドン(けほ)」

GM:行動値11まで落ちて、とw

御堂:でもこの護法剣があるとこっちからは殆ど通らないなあ

GM:ラウンド一回だから、それは大丈夫かとw

クー:「歩く放射能…悪くないわ、そのフレーズ」

魔剣使い「静かなる核爆発とか、どうよ?」

GM:さて、11…一応、一発くらい切り替えしておくかw

クー:こちらの攻撃もラウンド1回が精々ですがw

「そうね…あまり「静か」という性質でも無いのだけれど」

御堂:「……口うるさい核弾頭で十分じゃないか?(ぽそ」

クー:「次はレティコー・ベーで焼くわよ、識別無しで」

御堂:「……正直すまなかった」

GM:ダブルアクションは捨てて、《衝撃波》《振りかぶり》《捨て身の一撃》…後ろの御堂へw?

クー:え、こっちではなく?w

御堂:うぎゃぁ

GM:どっちなら死なないかな、と思案しつつw

御堂:今、ワタシ、HP9点wwww

GM:…ああ、それはクーに撃っておこうw

クー:HP20と防御17…どこまで耐えられるかw

魔剣使い「一応、返礼ってことで。…解放一回しか出来ないからねぇ…」(ぶんぶん)

御堂:魔法なら基礎値33で振れますが……それにしてもw

GM:(ころころ)命中で24で。

 

魔術師が避けられるはずもなく……

 

GM:(ころころ→52)魔法ダメージでどぞ

御堂:それはどっちに撃っても死ぬ火力ではwwwww

GM:《魔器解放》無いから、かなり低下はしてますけどw

ちなみに、この魔剣使いは3Lです、ええ。

クー:えーと、固定値16で33軽減させれば生きてるのか…無理だな

GM:プラーナの使いどころかとw

クー:一応プラーナ2点使っておきましょう、生死判定の為に(ころころ→32)

GM:……お、出目良い

クー:お、ギリギリ死んだ。これなら生死判定でのプラーナは要らないか

魔剣使い「……疲れた(ばた)」

クー:「この混沌という混沌を混沌させろ…」(ばた

御堂:これでカウント0と。ところでちょいとそこいくおねーさん。後ろに誰がいるか忘れてないかな?

御堂:「……(操縦席で笑顔」

GM:HAHAHA,どうせ知ってても何も出来ませんともw

御堂:「……すまん。こうなった以上、俺も動かないと後で焼かれるんでな」

御堂の声は語っていた。「俺を撃つ分には何も反撃を受けなかっただろうに……」

魔剣使い「…あー、まあ。彼女気絶してるけど」

御堂:「まあ、それと……俺は優しい男じゃないんでな」

まあ、自殺覚悟で出てきたクーに報いる形で一発は儀礼的に殴っておきます

(ころころ→24

GM:…しかしプラーナの残り2解放して、回避は試みる(ころころ→Hit)残念でした

御堂:では、遠慮なく。プラーナを1点使用……ブースト

GM:…アイテム使っちゃうか、仕方ないw

御堂(ダイス機能)2D6+41+1D6 = (1+1)+41+1 = 44

 

まさかの三連ピンゾロであった

 

御堂:此処は振りなおしておきますw

クー:w

御堂:……この場合ってブースト分は消えるんでしょうか

GM:バリアシステムと死活の石、自前で使います。いや、そのままかと。

御堂(ダイス機能)2D6+41+1D6 = (1+1)+41+1 = 44

御堂:アルェー

クー:…オイシイw

 

乱数は固定されていたらしい

 

クー:2連続ピンゾロが二回も出るなんて、今日はどういう日だw

御堂:いや、よく見てくれ……3つとも1。どのくらいの確率だろう……6分の16

クー:まあ、ざっと4万分の1?w

御堂:……すげぇなw

GM:まあ、稀にはあるがw

クー:稀過ぎますw

GM:イニシアで6人で1D6振って全員5とか、ありましたしw

クー:www

御堂:w では、防御とかどぞ

GM:(ころころ)えーと、-20で爆死…これは、死活の石残らないなw

クー:…あぅち

GM:処理として生きては居ますが、もう瀕死どころか生きてるだけです。戦闘エンド。

御堂:うぃ。唯一立ってました

GM:さて、倒したので報酬が有るんですが…死活の石、砕けちゃったのでそっちは無しで

御堂:ナンデスト

魔剣使い「(あたたた)とりあえず、残ってるのはコレね」

GM:低級魔石×2

御堂:あ。でもプラーナが半分以下だから助かるかも

クー:「(むくり)…ち、シケてるわね」

御堂:1ずつ持っておくか

クー:うぃうぃ。

魔剣使い「いやー、本当は死活の石二つと携行型バリアシステムがあったんだけど…

使っちゃったし」(てへ

御堂:「(舌打ち)

クー:「…ふん、まあいいわ。本来の目的はアンタじゃないわけだし」

御堂:「確かにな」

魔剣使い「この迷宮たち悪いからねぇ…まあ、気をつけてねー」

GM:ちなみに、ここの奥。「秘宝MAOHの竹箒」

クー:「たちの好い迷宮なんてものがあったら教えて欲しいものよ…」

GM:……迷わない迷宮、何という矛盾w

御堂:「……全くだ」さて、箒か……

GM:これ、実は筋力ジャッジで20です。但し、失敗すると周囲から愉快な物が飛んできたりします。

クー:「駄犬、行って」

背景で「お嬢様は私に命じたのだ!」「何だと俺に決まってる!」と合争う下僕たちの姿が。

そしてまとめてロードローラーにアッー

御堂:……w

GM:……書割が、さらに紙より薄っぺらくw

御堂:「……仕方の無いお嬢だ(やれやれ」(ころころ→22

SE:ずぼっ → まっおーん

GM:……ぺきっと折れまして、今度は足に「まおーん」という刺青が入りますw

GM:以後、敏捷ジャッジを+5します。移動系も含めて。

御堂:ふむ、何か順調に御堂が超人な肉体になりつつ。では、れべるあっぷ?

GM:さて、御堂は手足にまおーんな何かを宿してw

ああ、レベル上がります、これで真ん中の部屋も役目を終えるので、2L同時に。

 

成長:御堂の場合(GL57

御堂:《イナーシャルキャンセラー》と《神鎧》と併用でえらいこっちゃに

GM:3Lだと、《マシンポゼッション》があるが?

御堂:お、kwsk

GM:プラーナを一点消費することでラウンド中、AKのすべてのプラス修正値をさらに+5する。但しラウンド終了後、AK装備が解除され、シーン終了装備不可。

御堂:……辞めておこうw

GM:ああ、経験点は6点入りますので、チェンジもどうぞw

御堂:高機動戦闘訓練ってどうでしょう(スキル名一覧のみ見つつ

GM:あるいは、AKなら《マルチロックオン》(マイナー、カウント3、ターゲット数をSL+1体に)…まだ取ってなかったのか、そう言えば。

命中を+SL、行動値を+2のパッシブですな。

御堂:マルチロックオンはゼロ距離専門なんであんまり旨味が無いんですな

御堂:では《高機動戦闘訓練》とイナキャンを取って、聖職者にチェンジ。そして5lv

あ、《超級聖人》取れる。まおーが埋め込まれたことでぱわーあっぷ

SE:まおーん

GM:…それでいいのか神の使徒w

御堂:「俺は聖王庁から独自行動・教義独自解釈の免許を与えられている」

まおー「そして、わたしから認印をぽん、と」

御堂:……いいのか聖王庁……w

GM:…ダメだろ、信仰的に…w

御堂:さて、《超級聖人》にするのはいいとしてもう一個は……<優しき加護>1上げましょう。

これでSL5……MAXかな

GM:…あれ、御堂、天罰は?

御堂:をぅ、何でしたっけ>てんばつ

GM:《天罰》:5L MP10,二回メジャーアクション。シナリオ一回の必殺技ですがw

御堂:……先生、MPようやく20あるか否かですぜ

GM:切り札としては申し分ないかとw

御堂:あと、神鎧二発半なので……ちょっとコスト的に微妙。

それ使った後追い込まれたらマジで死ねるw

GM:なるほどw

御堂:イナキャンとかで消費可能性が増えてるので、とりあえず見送り。

GM:マシンポゼッション→二回打撃は凶悪のキワミだったが、まあw

命中も+5されてるので、猛撃。

御堂:あとはえーと……あ。聖職者に戻ったんですが、この場合総合レベルの数値の割り振りって

どうなりましたっけか

GM:ああ、総合レベルを再計算して振りなおしていいらしい。

御堂:ふむ。この場合5lv分割り振れるのか……INS一択だな。低めだし

御堂:数値再構成終了。若干攻撃力上昇。あと、そこそこ俊足になりました

GM:AKライダーは本当に一瞬だったな…強いんですけどね、育てれば結構。

 

成長:クーの場合(GL57

クー:ではソーサラーを2L上げて、《スペルバウンド》《エンシェントルーン》《ダブルマジック》

《ファストセット》をそれぞれ1Lずつ取得。

そしてスキルを取り尽したので(まぢ)転職しなければ…さて、何がいいか

プリンセス、強いんだけど守護聖獣取れないからなぁ…

GM:海属性とか無いからなぁ…ああ、エンジェルならw?

クー:この上更に退廃的になりそうだ…>えんじぇる

GM:……厭世的にも程があるw オススメとしては、超☆魔法火力を目指して、イリュージョニストか

 魔術士w

クー:スキルが豊富な点を踏まえるとNWクラスになった方が後々有利っぽいんですよなー…w

GM:いや、実はね。魔術士にもドロウルーンがある…w

SE:全カウント消費、Wドロウルーン!!(ぴどーん)

クー:w

GM:名前一緒だけど、コレは別スキルでいいよな。

クー:しかしそもそもそんなに消費できるほど行動カウントが無いというw

GM:いや、そこは逆転の発想w

SE:最初の行動で全部使い尽くしてやるぜ!!

クー:んー…やっぱりエンジェルにしましょか。キャラ的にもオイシイし、普通に強いし。

GM:堕天使ならぬ、カナードの同類の駄天使になりつつw

御堂:……異性関係が爛れるんだな(トオイメ

クー:爛れる様な異性がいればの話ですがw

エンジェルだと若干数値が均されて尖った部分が落ちるなー…まあ致し方なし。

GM:ただ、上げてくと比類なく強いですぜ、天使。《ガーディアンエンジェル》まで行くと、もはや鬼

あと、《暗黒の守護天使》でMPの心配が無いし

クー:どちらかというと《古代神の魔力》で消費を減らした方がよさげですがにゃー。

レティコーベーに関してはもうプラーナ頼りでw

GM:…消耗と言うか、一瞬で燃やし尽くすからな、MPw

GM:というか…ラース・エンジェルになるわけか。但し、黒い

クー:「黒い天使核…この世の呪を凝縮した存在。正しく私に相応しいわ」

御堂:で。二タイル分ということは……6割回復?

GM:いえす

SE:さあ、ここからは圧倒させてもらうぜ!!

 

*既に、砲台のデフォルトスペックで何とか成る相手では無い

 

クー:HP15/24、MP26/37まで回復。

御堂:ふむ、HP3点削れただけに

 

 

タイル2−Re  1Upコーラサワー

桐嶋「……おや、お久しぶり。そしてぐっばい」(通りすがり

GM:MPポーションを一本置いていった 本当に通りすがりらしい

クー:「…アンタの知り合い?」

御堂:「……昔、少し、ちょっとな」

GM:…ある意味、台詞を換骨奪胎w

 

 ↑ 

■□□■

← □ →

  

 

:進入地点

:トリモチ(コンシール済)

:落とし穴

■:魔導砲台

 

GM:ちなみに、この砲台エリアに関しては「蹴散らした」でかまわんが。相手になるはずも無いw

御堂:では遠慮なく蹴散らして

GM:さて、左右に上…あとはサクサク進むだけだが

クー:このエリアでのレベルアップはw

GM:ああ、入れときますか、ココ通らなくてもクリアできる状態だし

ほとんど、マリオの甲羅投げ1UP連打w

 

成長:御堂の場合(GL78

御堂:《神鎧》を1上げて天罰GO or そろそろアタッカーを上げてみる?

……前者だな。そろそろ聖職者も天井が見えてまいりました

 

成長:クーの場合(GL78

クー:では《天使化》と《古代神の魔力》をGET

SE:えんじぇらいず、えーてるのーどりんかいち(カッ

クー:…《神の憤怒》が消費MP4で撃てると言う快感w

GM:……怖w

クー:その分プラーナ消費が怖いことになってますがw

天使化、サクリファイス、更に成長すると真天使化も…

GM:プラーナの上限も上げたい所だけどなw

 

御堂:しかし、片や天罰、片や天使って……w

クー:最早告死天使もさながらの様相をw

GM:…AKに乗ってる天罰屋と、黒くて異世界な天使ですがなw

GM:天使兵団の異名とかあげましょうか、そのうちw

クー:…あ、んじゃちょっと汎用で内包値上げておきますか。

GM:というか、火力天使と撲殺炎上マシン…w

 

ミカエル裸足の熱さである 元々裸足っぽいが

此処で一旦セーブ&カットとなり……翌日。

 

 

インターミッション 忘却と捏造の狭間で

GM:ふむ、促成しながら潜るかねw

クー:うぃうぃ

御堂:うぃーす。(シートセットアップ

御堂:前回の粗筋っ!

俺達は謎の仮面の男の駆る機動兵器を追ってダンジョンに突入した…

GM:…AKまおーん出しましょうかw?

御堂:男じゃないでしょうw

GM:さて、細かい所省略して、今ど真ん中。

御堂:前回の粗筋改

オヤシロ様の祟りの謎を追って俺達はダンジョンに(以下略

GM:…おいで、10L魔砲使い

SE:消し炭でいいですかー?

御堂:ワカリマシタ、マジメニヤリマス

クー:順調に行けばボス戦突入前に10Lか…w

GM:まあ、今までに金槌と箒とゆー、怪しげな秘宝をゲトしてるわけですがw

御堂:「つまり俺達は103千冊の魔導書を記憶した少女を保護して連れ帰ればいいんだな?」

 

*チガイマス。それはフラグ神に渡しておきましょう

 

クー:「…その10万3千冊と一緒に古本回収にでも引き渡しましょうか? ダンジョン崩して

プレスしてあげる」

GM:さしあたり、左右か上か…という選択肢だけは差し上げますw

クー:むーん…なんとなく左。

御堂:「何処ぞのコーラでも死ぬな……」

……前回は右に行ったらそこそこマシだった記憶が(@下の前半部)。まあ、今回は左でb

 

 

タイル5〜6 タマムシシティと言うなかれ

 

   ↑

 

□□□

 

:進入地点

:動く床

:火炎放射

:攻性防壁(10まんボルト)

:斥力光線

☆:秘宝?

 

GM:…さて、では状況を説明しよう。

目の前には、<<<<とゆー、ドラクエとかで出て来そうな床が

御堂:「……」

クー:動く床ですかw

御堂:「ロケット団か(ぽつり」

クー:「…またわけの分からないことを」

GM:まさにその通りだがw

御堂:「……アンゼロットに勧められてな。やってみたんだ」(取り出すは初代赤)

 

アンゼロット様。ああ見えてポケモンも嗜むらしい

 

クー:「何ソレ、異世界の魔導具?」

GM:金銀でもパールでも、基地の移動手段がアレなのは健在のようでw

御堂:「……いや、忘れてくれ(ばつが悪そうに引っ込め」

GM:まあ、大抵この手の床は、行った先にろくでもないものが待ってるのだけどw

クー:では取り敢えず飛行禁止が無いか罠チェックを。(ころころ→31

GM:…飛行禁止はないです、少なくとも視界内はw

御堂:……どうしたものか。一緒に特攻するかい?w

クー:ふむ、では二人で箒に乗って左下の角まで行きましょうか。そこまでなら取り敢えず安全。

御堂:うぃ。まあ今はAKだがとりあえず同乗ー(飛行で角まで

GM:そうすると、だな。そこまでは落ちることもなく、罠も無いんだが。

クー:おろ?

GM:目の前、どう見ても火を吹きそうな床の無数の穴とか、その向こうにはバリバリ言ってる

攻性防壁とかw

 

飛行してないと動く床でトラップエリアにご招待される鬼畜タイルでございます

 

クー:ひいぃw

御堂:「……」(

GM:ちなみに、突っ込むとそこそこ痛そうです(

御堂:「……逃げた方がよさそうだな」

クー:…解除はー?w

GM:…魔法罠なので、対魔法バニッシュとかあればw

御堂:設置型だからなあ……

クー:ああ、それは無いなぁ…アレそこそこ魔法レベル食うので

GM:まあ、普通はクラックまで手が及ばんでしょう。さて、強行突破するも戻るも自由ですがw

クー:んー…では一旦下がりますか。御堂ならともかくこちらは死にそうだ

御堂:いえす。撤退を

 

SE:うーまれてこーのかた A TO ZU SA RI ♪

 

クー:「…ところで御堂」

御堂:「何だ」

クー:「あの中を突っ切る気は無い?」

GM:実は火炎のほうは、ダメージ結構痛いけど敏捷で突破できます。防壁は回避できないけど、

炎よりはダメージ低いです。

御堂:「……なあ。突っ切った後、また俺はあの落とし子や魔剣使いと同等の相手と

殴りあわなければならないんだが」

クー:「…まあいいわ、ハイかイエスで答えろとまでは言うつもり無いし。逆からアプローチ

してみましょう」

御堂:「そういうことだ(すたすた」

GM:ところがぎっちょん、左右対称

クー:w

御堂:……イイダロウ、左に吶喊してくれる

GM:まあ、多少手を加えてはあるが難易度低めなので、突っ込んだ方が実は早いw

御堂:うぃ。では、クーを動く床の手前に置き去りにして、動く床の先へ突撃

GM:では、まず炎がずごーっと。目標値は敏捷で18

クー:「逝ってらっしゃーい(棒読み)」

御堂:「武装神父御堂鋼路……吶喊する!」

御堂:(ころころ)突破

SE:しゃきーん

GM:で、さらに進むと障壁がばりばりばり、とw

(ころころ)31点・天属性の魔法ダメージで。

御堂:「これしきのことで!(突破」 (ころころ)む、2点通し

GM:でもって、突破した先にこっちが罠を一つ仕込んでおいた。危険感知どうぞ。

御堂:あー、不意打ちですか?(一応確認)

GM:いえ、罠に気付くか、というだけです

御堂:(ころころ)15じゃムリだろうなあ

GM:うむ、横合いから怪光線が飛んできたので、抵抗でリアクションを(ころころ→25

SE:ぬめめめめめめ

御堂:(ころころ→13.抵抗失敗)ふっ、抵抗は低いのさw

GM:《斥力ビーム》で、2sq強制移動を与えます。も一回トラップ地帯へどうぞ

御堂:はーい (ころころ)あ、失敗

GM:……おや、コンガリw?

御堂:いえす

 

SE:39点ちゅどーん

 

御堂:(ころころ)む、6点通した。ちょっと痛い

GM:で、後ろに下がればバリバリは避けられますがw

御堂:……いや、もう一回突っ込んでみよう

GM:では、バリバリと(ころころ→Cで40)

御堂:(ころころ)……4点通しか

GM:で、抵抗してみなさいw

御堂:……わんもあ抵抗か……w

GM:今回は既知なので+2あげますがw

 

そして再び抵抗失敗。中々に壁は厚いようである

 

御堂:ずりずり

SE:ぬめめめめめめ

GM:…で、禍炎爆裂

御堂:ここ相性悪いわ……w

GM:うん、ココに仕掛けたら鬼畜だよな、って思いつつ仕掛けたw

クー:力ずくで抜けられる戦士系はえてして抵抗低いですからなー…w

御堂:(ころころ)ハイ突破。次は障壁

GM:…え”、まだ突っ込むのw

御堂:次はプラーナ使おうかな、と>光線

GM:なるほどw

御堂:それと。まだ半減してないので(まじ「

クー:頑丈なw

 

そして続く障壁も弾き……

 

御堂:(ころころ)ぎんっと弾きつつ

御堂:「……大体分かってきたぞ」

SE:ぬめめめめめ(ころころ→21

御堂:えーと、プラーナ1点消費。やってみよう

(ころころ→24)うし、突破

GM:ちなみに、怪光線撃ってたメカは破壊できますのでw

御堂:「(げしっと破壊」

SE:あうっち(ぼむっ)

GM:さて、突破しましたが……道が続いているだけです、今の所w

御堂:んじゃヒールを二回やって先へ

御堂:(ころころ)……あ。発動失敗

GM:…w

クー:(背景にて)「暇ねー…藁人形でも作ろうかしら」

御堂:(ヒール二回ころころ)うぃ。全快

GM:うむ、そうするとだな。何やら、きらきらと先で光ってるものが。

御堂:一応感知判定してから寄ってってみます

GM:いや、コレ以上罠はない、ココはw

御堂:……ならば寄っていってみよう(すー

GM:ただ、目の前に有るものが少々風変わりでして。

「MAOHの鎖 〜暇つぶしの道具〜」と

御堂:(ハッ、そういえば敏捷が+5されてるんだった!)

ををぅ

GM:何やら、複雑に止め具に絡み合った、本来は一本らしき鎖があったりする。

イメージはゴルディアスの結び目(アレキサンダーの)。

御堂:「……知恵の輪か何かか?(ふむ」

GM:いえす、これを解除してもらいます。  知力で

 

前衛系をいぢめるための部屋だったようである

 

クー:とことん意地の悪いw

御堂:……難易度わw

GM:具体的には、知力ジャッジで20出せば解除できます。

但し、失敗すると1D-(最低1)点のMPをロストしますw

MP0になると、どこかで回復するまでやる気が失せて挑戦できなくなります

御堂:基本値7だからなあ……分が悪いw まあ、やるだけやってみよう(ころころ→C

クー:こちらも8なので大差無しという…あ、クリったw

御堂:(ころころ)……えーと、28とか言ってます

GM:火炎と電撃で、脳の使って無かった部分(大部分、とも言う)が!?

クー:本当、ここぞというときに出てくれるな今回…

御堂:むしろこれ、結び目ごともぎ取ったとかそのテのトンデモ回答な気がw

GM:では、鮮やかに結び目を解除…ないし上手い所引っ張ったら抜け落ちてw

御堂:「……ふむ」

GM:まあ、アレキサンダー大王は結び目、切って捨てましたからw

SE:まおーん

GM:……何故か、鎖は頭に「まおーん」な刺青を。以後、危険感知を+5します

御堂:「……しまった! これはクーにやらせるべきだった………………っ!」

 

*痛恨のミスだったらしい

 

GM:…顔に「まおーん」って刺青が有るのは、中々笑いものw

クー:w

御堂:きっとクーがやった場合額にまおーん

GM:…自殺しかねんw

御堂:そしてそれを見て俺が笑う。完璧な計画だったはずなのに……ッ!

クー:いや、呪いぱわーが更に増すw

GM:呪殺…w

御堂:まあ、感知が上がったならいいやとか思いつつ

んじゃ右こめかみの傷跡にかぶさる感じで>まおーん

GM:で、実はこのタイルの命題はこれなので、レベルが上がりますw

クー:そして戻ってきた御堂を見て

「…(ハッ」

御堂:クーテラタナボタwwww

GM:上に立つものの心得です(ぇ

クー:何を言います。トラップ探知したじゃないですかw

御堂:……そうか。なら仕方ないw

 

仕方ないらしい……ということでタイルクリア後成長。御堂から(GL8→9)

 

御堂:さて、考えるか……聖職者。これ以上留まってもあんまり旨味が無いなあ

御堂:後は《退魔》と《神鎧》1挙げる程度

GM:神鎧は、上げておいたほうが…w

御堂:うぃ。ではこのレベルアップでは《神鎧》を更に1上げてSL5.上限到達。

《神鎧》と《優しき加護》がMAXという壁型戦士に

GM:うむ。あと、いっそ《復活》とかは?

御堂:ふむ。kwsk

GM:瀕死に成ったとき、即座に生死判定を行って成功すると再起動(

御堂:あ。それはありがたい

GM:シナリオ中SL回だが…まあ、そうそう死に掛けるのもありえないし。コスト無し。

御堂:うぃ。これで後は《退魔》辺り上げたらもうこのクラスに用は無いか……

 

成長:クーの場合(GL8→9)

クー:こっちは《真天使化》と…何を取ろうか

クー:うーん、《暗黒の守護天使》も捨てがたいが…《異界の因子》で<突撃指示)とかも強力だな…

GM:むしろ《ゴッドカノン》とかw?

クー:《ゴッドパンチ》ならともかく、カノンはちょっとw

GM:まあ、物理だしな…w

クー:やはり《ゴッドパンチ》が一番無難か…《異界の因子》でいいのを探そうとするとちょっと

時間が掛かるw

御堂:まあ、どうせ多分次もこっちの吶喊場になるんでその間に探してみては

クー:とりあえず今回は《ゴッドパンチ》と《真天使化》で確定。修正も終ったので次に行きましょうか

 

GM:…ちなみに、御堂はここからどうやって戻るのかというとw

御堂:ハイ、全力で障壁と炎を突破します。今度は敏捷補正も忘れないぞー

GM:まあ、着々喰らっておきなさい、まず障壁w

 

サックリとイベントを消化し。

 

GM:さて、では合流して…→w?

御堂:いえす

 

 ↑

  ■

□ 

□□□

 

:進入地点

:動く床

:火炎放射

:攻性防壁(10まんボルト)

:斥力光線

☆:秘宝?

 

 

GM:では、まず踏み越えてもらいましょう同じ罠w

御堂:えーと、クーは例によって置き去りで

クー:「(ひらひら)」欠伸しつつ

SE:君には、HPを3D喪って突破する手がある!

御堂:だが断るっ!(ころころ→19) ほい、マズ炎は突破

GM:…危ないな。で、電撃を(ころころ)

御堂:(ころころ)2点くらいつつ突破

SE:ちりちり

御堂:「……さて、次で来るか」

GM:そして、押し戻しビームw(ころころ→23)

御堂:「……プラーナ解放!」(ころころ→21)

SE:ぐいっとな

御堂:……うぎゅ

GM:で、バリバリとw (ころころ→36)……(てへ

御堂:(ころころ)3点ちりちり

GM:さらに劫火がめらめらとw

御堂:(ころころ)まあ、余裕で回避しつつ一旦撤退……ちょっと困ったな。プラーナが残り2

GM:…それは厳しいw

御堂:魔石使って回復しておきます。低級って2Dでしたっけ

GM:うむ、幸運でジャッジして、その達成値の十の桁だけ。

御堂:……げ。殆ど回復しないに等しい……w

御堂:だとするとプラーナ使ってブーストしない方がいいのか

GM:微妙ですな、まあ低級魔石なので、というあたりだが

御堂:まあ、使うだけ使ってみましょう (ころころ)……1点は回復。よしとしよう。

では改めて突撃

GM:…HPD減らさないw?

御堂:減らしときますか (ころころ→12)……結構高めに出たな

GM:まあ、期待値くらいだがw

御堂:では何とか突破

GM:さて、突破した先ですが…

御堂:はい。

GM:……何と、何もアリマセン。視界にはw

御堂:な、ナンダッテー

クー:つまり目に見えない僕達の心が宝だt(ry

GM:…何という深遠なるw

御堂:とりあえず感知してみようw (ころころ→11)なにも わからない

SE:きょろきょろ …ナニモナイ?

SE:心の目で見るんだ!

GM:…w

御堂:とりあえず奥のSqまでいくだけいってみます

GM:うむ、では危険感知を(

 

振ってみるも……

 

GM:……何も、感じなかった!

御堂:アッー

GM:さて、どうしましょうw

御堂:うろついてみましょう。そのSq

「妙だな……通常ならばここに……」

クー:可能ならこちらもそっちに行きたいところですが…

御堂:うん。ちょっと突破は厳しいよなあ

GM:ふむ、では再度危険感知。クーも、HPDほど喰らえば通っていいですよw

クー:お、ではちょいとビリビリと。

クー(ダイス機能)3D6 = (1+1+1) = 3

 

本日3回目である。何回1を出せば気が済むのだろうか

 

御堂:すげぇ

クー:…なんという強運w

GM:……ナニィw

GM:馬鹿な、そこでボロボロになりながら「別にあんたの為に来てやった訳じゃ無いわよ」と

呟くはずが!?(チネ

クー:「…この程度の罠に梃子摺ってたの?この駄犬は」(埃払い

御堂:「……相性の差というものがあってだな(トオイメ」

クー:ではトラップ探知ごー。(ころころ→30)

SE:ワンダフル・エンジェル・アイ!!

SE:これが真天使クーにのみ与えられたトラップに対するトライアルシステム!(

GM:えーと、余裕で成功ですけどw

クー:w

GM:クーが壁の一部をぺりっと剥がすとだな。

GM:「MAOHのポスター 〜愚ルメ大会〜」という、コンシール「に」擬装された秘宝が

御堂:……をいw

SE:まおーん

クー:「…」(貼り貼り

 

*見なかったことにしたようだ!

 

御堂:「……何だこりゃぁ……たまげたなぁ……」

GM:ああ、残念ですが。剥がれたポスターは、クーの目に吸い込まれますw

クー:ぎゃあw

GM:で、目を覗き込むと「まおーん」と見えるように(

御堂:……あ。初めてクーがまおーの洗礼を。しかも目の中にまおー……w

GM:ちなみに、精神ジャッジが全て+5されますw

クー:「っ!?…な、何、今の?」(わなわな

GM:鏡を見てみよう(

御堂:「……(じー)……ぷっ」

クー:……持ってます

GM:……ナムw

クー:「…?…………

 ふざけやがって(憂さ晴らしに火砲)」

御堂:「アッー!?」(命中

GM:殺ツ当たりですね、解ります(

クー:「どんな罰ゲームよ…目の中ならそう目立たないからいいようなものの…(ぶちぶち」

GM:……何ともまおー的でした(

御堂:「(そうだぞー。俺なんか腕に足にこめかみだぞー)

GM:アーマーパージしたら凄いことにw

クー:「アンタはいいのよ、着ぐるみ男」

御堂:「きぐ……」

 

*いたく心が傷ついたようです

 

GM:…w

 

さて、無事(?)踏破したので、レベルアップですぜw

 

成長:御堂の場合(GL910

御堂:こっちは……《退魔》1Lvアップかな

GM:ふむ、順当にかw

御堂:あと、《復活》を1lvアップ。コレで聖職者はひとまず終わりですかね

GM:まあ、もう取るものは10Lにしか無いか…しかし、次って何にw

御堂: AKにでも戻るか或いはって感じで

GM:あるいは、龍使いw?

御堂:……ただ、カンフー神父こと、ことみーと完全に被るのがw

GM:ロボットには乗らんだろう、あの人w

御堂:まあ、確かにw

 

成長:クーの場合(GL910

クー:では《ガーディアンエンジェル》と《異界の因子:刹那のチャンス》を取得。

《エンシェントルーン》でCにして刹那のチャンスでプラーナ回復というマッチポンプが成立w

GM:……タチの悪いのが居ますよw

御堂:刹那・クー・セイエイ……

クー:次は《天使転生》と《堕天使化》かな…

 

タイル7  深淵に潜むもの

 

←□□

  □

□□□

 

 

:進入地点

:???

※進入地点以外全域に重力結界+プール+死の唄が設置

 

GM:さて、現在MAP右側の二段目にいるわけですが…上に進んでもいいし、無論戻っても良い

御堂:……進んでみるかw

クー:逝きましょう。だがその前にトラップ探知

GM:いや、実は感知無用でね

クー:およ

GM:…重力結界+プール+死の唄がw

クー:…わあい

御堂:このGMは僕達を殺す気だ……(

GM:プールは移動力が1sqで2必要になり、重力結界は移動力-1かつ飛行禁止、

死の歌はクリンナップで精神抵抗して、失敗するとダメージとマヒですねぇ…

ちなみにデフォルトの性能です、のーかすたまいず。

御堂:逆から周るか

クー:…これはこちらが行くべきか。移動以外に阻害が無いならなんとかなる。

精神はこっち元から高い上、補正もありますし。

御堂:お、んじゃ頼んだ

クー:まあ、全力移動しないと1Sqも進めないのですがw(ころころ→17

GM:では、ここから戦闘処理とします。クリンナップで死の歌利いてくるので。

GM:あと、プールなので全力移動も-5されるのがミソ。

クー:ギャース

GM:敏捷の判定下がって、移動距離もw

クー:「すべてのジャッジ」か…

GM:行動値17で、プールの前からってことでおk?

クー:うぃうぃ。

GM:では、始めのいーっぽ…そう言えば、水中で治癒魔法使うと致死率が著しく上がる件w

 

記念すべき全力移動一発目は、達成値8

 

GM:…8で2sq移動、しかしてw

クー:入って、終わり?w

GM:重力で―1されて、プールなので出れない(

御堂:あ。でもマイナーの移動は別に出来るはず?

GM:移動力が2→1になってるので、そもそも役に立たないかとw

御堂:把握

GM:これは…何というか牛歩なw で、行動値7で再チャレンジ。

 

今度は達成値が1下がって7.何と移動不可能に

 

GM:……動けない、となw

クー:ぐはw

GM:タチ悪いな、この罠…さて、じたばたしていたらクリンナップフェイズになってしまいました。

精神で抵抗18、どうぞw

クー:あれ、達成値7なら2Sq移動出来る筈では。半減されても一歩前には行ける 筈

GM:2sq移動で、重力で-1されて移動力が1.で、プールの離脱は移動力が2要るのです。

クー:…おおぅ

GM:移動力が3あれば、となりへ動けます(

クー:なんという消耗戦…では精神ジャッジー。まおーんの補正とプールが相殺されて素振り。

GM:で、じたばたしてると水中からこんな音が。

 

SE:(´・ω・`) に ょ ろ 〜 ん

 

クー:(ころころ)成功、と。

SE:クーは目をそらして耳を塞いだ!

GM:…無事ですかw

クー:今のところはw

GM:とりあえず、全力移動で3sq以上出さないと一歩も進めませんなw

クー:しかし、C値含めて9以上出さないと前に進めないか…なんとも分の悪い賭けだ

GM:さて、今ならまだ戻れますけどw 踏み込んで消耗してから逃げれないと、死んじゃいますがw

クー:はっはっは、コイツが今更命を惜しむとでもw

GM:命は惜しまないが、経験値と成長は惜しみそうでw

クー:w 箒がこっちに移せれば楽になりそうなんですがねえw

御堂:……ゴメン。今の箒はAK武器なんだ

GM:AK専用化施されてますからなw

クー:いや、まおーん箒。敏捷+5のアレ

GM:……ああ、なるほどw

御堂:あー…あれか

GM:というか、御堂ならダッシュ魔法も入れて、割とすいすい行ける様なw

御堂:んじゃ前後交替と行きますか

クー:まあ行くも戻るもまずは全力移動ジャッジ。

クー:…っと、その前に行動値振りますか。(ころころ→12

御堂:……まあ、一旦撤退してもらえれば同乗状態で突撃可能っぽいので

 

そして次のラウンドもじたばたするも……出られず

その様は傍から見ていると水中腕立て伏せでありました

 

御堂:……先生。引っ張り出してイイデスカネ。まだ入ったばっかですし

GM:……えーと、御堂が引っ張り戻したってことでいいです、エエw

御堂:「……腕立て伏せの気は済んだか?」

 

*これが本当のこるちゃっ『くー』

 

クー:「(ぜはー、ぜはー)…突っ込むのはアンタに任せるわ…(呼吸困難状態)」

御堂:「……いいだろうコルチャッ「クー」君」

GM:水中で残響つき腕立て伏せだしなぁ…w

クー:「…《すべて燃えてしまえ》」

SE:キラッ☆

御堂:では、行動値ー(ころころ→25) うし、三回行動

クー:(ころころ→9)ふ、とことん見放されたw

GM:(ころころ→22)何か振っています、エエ

御堂:では、25で……って、ナンデスカソレ

GM:ヒミツデス

御堂:だがワタシはそんなことを知る由もない。とつげっきー

《フェザーウォーク》使用でまずマイナーで1移動

GM:全力移動、ペナルティはまおーで相殺されるので、ダイブ楽のはずw

御堂:あ。違うか。マイナーは何も使わず入って終わり。メジャーの全力移動次第で>フェザウォ

GM:うい、全力で移動してくださいw

御堂:「全力でプールを見逃すんだ!」

御堂:(ころころ)15だと……何マスだろう

GM:6sqですな

御堂:で、-1される……ここはフェザウォの使いどころ。二分の13Sq移動。

そしてカウント13に落ちると

GM:そうすると、目の前に立ち塞がる影二つ。

御堂:え

GM:……片方は有名なので知ってますが、「不動君」ですね。

クー:でびるまん?(マテ

GM:いえ、明ではなく。魔法攻撃が一切通用しないというウリを持つ壁モンスターですw

 行動値は16。

もう一人は、人造人間のようで。何か、ごっついの装備してます。

《アームドシェル》&《ギガノトランス》稼動済み。

御堂:……まあ、其処はかなりしんどい相手かなと思いつつ

クー:うぐぅ

GM:とはいえ、5Lですけどね。…トラップ無効の効果で、恐らく互角。で、22でその人造人間が

動きます。

御堂:かもん

人造人間「……たーげっと、ろっくいん…いん?」

SE:淫っ…

クー:「…おん、の間違いじゃなくて?」

GM:《ブラッドバレット》をアルティメット化してダブルショットですw

人造人間「(ぽむ)それだ!」

GM:(ころころ)命中は32です

御堂:(ころころ)ムリムリ

GM:(ころころ)物理で46ですな

御堂:……うげ。《神鎧》起動 (ころころ)2点通し……く、プールなのが痛い

GM:ちなみに、一応ギガノモードを切って攻撃してます(まじ

本当はさらに+10

クー:出目も腐って…w

人造人間「……弾詰まり。ちょっと待って(いそいそ)」

GM:次は12で動きますので、こうご期待

御堂:こっちは一応13ですな。辛うじて先行

GM:で、クーはというと?

御堂:INS

GM:魔法に弱いけど、果たして倒せるやらw

御堂:こっちは当たるかが微妙ですからなあ

GM:…あー、いや、間違いなく当たらないと思う。アームドでガードするので

クー:今は天使化もしてませんしねぇw

人造人間「…ものは、そーだん」(挙手)

御堂:というか。GL10と言っても大して命中とかは上がってませんからなあ……

「……聞こう」

人造人間「一発打った、そっちも一発ずつ撃つ。耐久力半分になったらこっちの負け」

人造人間「ならなかったら、おとなしく下がる」

GM:で、片手間に不動君を撲殺したりしつつ

御堂:……ふむ。

GM:こっちのHPは53で、魔法防御は22です。ただし武器攻撃に対しては尋常じゃなく強いのと、

アームドシェル7Lが稼動してます。

御堂:先生。タイル変わるとシーン変更でしたっけ

GM:いえす、シーン変わります。

御堂:うぃ

クー:「2対1で、しかも半分まででいい。向こうもそれなりに自信があって言ってるんでしょうけど、

これを受けなかったら只のチキンね」

御堂:んじゃこっちは13でフェザーウォークを使用しつつマイナーで同一Sqに進入して

メジャーはせず行動終了。

「いいだろう。初手は譲る」(クーに

人造人間「護るために生まれた、だから、自分の身も護れるのが性能証明」

御堂:カウント1のラスト行動確保

クー:ではマイナーアクションで《エンシェントルーン》、メジャーで《神の憤怒》。

ついでに《死点撃ち》と《刹那のチャンス》も交えつつ

SE:刹那・クー・えんじぇぅ……目標を駆逐する!(

クー:(ころころ)魔導で43.抵抗ドゾ

人造人間「この左腕は、武器も魔法も、通さないためにある」

GM:《アームドウォール》で迎撃、そのくらいなら弾きます。

クー:なんとぉ!?

GM:40スタートですから。

クー:ひでえw

GM:だから、ラウンド一回なのです。(ころころ→48

クー:ここは《全て燃えてしまえ》にすべきだったか…失策

人造人間「…我が左腕に、穿てぬ矛無し」(しうしう)

クー:「なっ…馬鹿な! 私の全力が…そんな!?」

御堂:……こっちもあたらなさそうだしなあ……撃ってはみるが

GM:さあ、御堂の一撃を自前のタフネスでどれだけはじけるかが勝負です

御堂:プラーナ1点解放。マイナーで《退魔》使用

GM:ちなみに、回避は基礎3です。シェル入れて10スタート

御堂:(ころころ)ぐ、振るわない。23

GM:(ころころ)17、それは当たる。

御堂:そしてダメージにもプラーナを突っ込む……あと。このダメージは特殊能力による

ダメージ軽減不可で(《聖遺物》効果)

GM:魔防22+シェル7で、全力でダメージに抵抗するのみですな。

御堂:シェルはいいのでしょうか

GM:アレは、ジャッジの達成値全底上げだが…どうだろう

クー:防御増強はアリなのでは。

GM:多分、フォースシールドとか属性防御はダメなんだろうな、子の場合。

御堂:なるほど。聖職者だと「優しき加護」はアリだけど「神鎧」はナシと

GM:では、おいでませ。

御堂:では、頑張ってみよう

 

振り合いの結果……

 

御堂:23点通して……

クー:23か…惜しい、4点足りない

御堂:さすがに一撃じゃ、半減には至らないか。

GM:23通して、アームド2回分でHP49…ギリギリ、半分行かないか。

御堂:「……手ごたえが薄い。どうやら防がれたみたいだな」

人造人間「……(防御姿勢)…私の、勝ちだと思う」

クー:「…認めるわ、アンタの勝ちよ。私が侮ってたわ」

御堂:「負けること事態は恥ではない。負けたことを受け容れぬ態度こそ恥

 故に俺は認めよう。お前に負けた、と」

人造人間「私は、盾としての存在を証明した。ここは通せないけど、そのお礼だけはしておく」

(低級魔石1D個ぱす)

御堂:んじゃとりあえずこっちが振っておきますか(ころころ→2) 1個ずつかな

クー:いや、そっちが2個とも持ってておk。

御堂:うぃ

GM:まあ、プールじゃなければ爆死してる所なんですけどね、実際は(苦笑)

 

*拠点防衛用人造人間の図であった

 

御堂:そうなると……このタイルはクリア不能か

クー:そうなりますかなー

GM:というわけで、出るのは自動で出て、真ん中まで出してもらえます。中央の部屋ですな。

ちなみに、コレが10Lになってディフェンダー伸ばした時の硬さはお察し下さい。

 

 

タイル8 耐え抜け。奴が力尽きるまで

 

御堂:無駄に消耗してしまったと思いつつとりあえず上に

クー:残り2タイルか…

GM:上に行くと、何やら重々しい扉が正面に。「四宝を担いしは、扉開く時」とか。

GM:要は、今の状態なら扉を開く事はできます、と。

御堂:「……あからさまに開けたらボス戦だな。これは」

GM:まあ、扉に「まおぉん」とか書いてありますからなw

クー:「そうね…ま、面白いじゃない。殺すか死ぬかの瀬戸際は心躍る…」

御堂:「まあ、先に左側の上を見てからでも遅くはないだろう(すー」

クー:あれ、あそこ続いてたんですかw

GM:うむ、ちなみに中央上から左に行こうとすると、実は矢印床+飛行禁止が拒むw

クー:w

GM:左右ともw

御堂:……そうなると、また消耗を強いられるのか……

GM:まあ、左上は踏破したければ中央からぐるっと回るってことで(ダメージ無しでいいです)

クー:ではいそいそと左上の方にごー。ダメージ無しならこっちも行きませう

御堂:うぃ。んでもってその上は……

GM:では、突破すると…ですな。

 

□□

□□□

   

 

:進入地点

:???

 

御堂:狭い操縦席の中で「変なところ触ったら殺すわよ」とかお決まりの台詞を吐かれながら

何か黒いローブ着てる見覚えのある人「……?」

GM:御堂は見覚えありますが、あの魔砲使い。桐嶋

クー:「…まあ、こんな所に居るならマトモな人間じゃないわよね」(問答無用のクアファント)

御堂:「……む。確かお前は……」

GM:アレが、どうも何か歩む道を決めて成長した姿のようです。

御堂:一旦機体を解除して降りてみる

桐嶋「(手をひらひら) 一応、ここは通さないぞ、という仕事みたい」

御堂:「……なんということだ。折角『こういうことに興味のある年頃なのは分かるけど、この辺りは

危険だよ。早く立ち去った方がいい』と言おうとしていた所を」

桐嶋「ウィザード舐めたらいけないと思う。うん」

クー:「和んでる所悪いけど、殺っちゃっていいのよね?」

GM:ちなみに、何をどう間違ったのか吸血鬼にジョグレス進化してます(

クー:デジモンってなw

御堂:「……戦意がみなぎっている所悪いんだがちょっと待ってくれ」(双方を制止)

御堂:「……プラーナ回復させて」(滂沱

御堂:残り1

クー:←自己回復機能つき

GM:……便利なw<まっちぽんぷ

クー:しかもラウンド1回使えるという便利さw

桐嶋「…魔石、足りてないの?」(火属性魔石四つほど出しつつ

御堂:「(低級魔石二個を取り出したところで硬直)

桐嶋「むさしぼーやってたら、いつの間にか溜まってたから。そっちの異世界の人も、ドウゾ」

GM:海属性のを3つほど。

ちなみに、むさしぼー。「ココを通りたくば、そのカタナを置いていけ」とゆーアレ

クー:「…なんか怪しいわね。罠?」

御堂:「……これはありがたい」(遠慮なく受け取りつつ

桐嶋「どっちも、使えないの」←水/虚

クー:「…売ればいいんじゃないかしら」

桐嶋「……        …おお!?」(ぽむ)

御堂:「さあ使うか!」

 

*鬼畜聖職者であった

 

クー:「(つ、疲れる…)

御堂:(魔石だと……どのくらい回復するやら

桐嶋「さっき、向こうで弐捌式に会ったでしょ? アレと同じで、一発勝負。

わたしの最大火力に、ナニを使ってもいいから耐えること」

御堂:「……なるほど。単純且つ明快だ」

クー:「耐えるのはアッチの駄犬専門ね。じゃ、頼んだわ」

御堂:その前に回復してからね☆

桐嶋「だから、体力はここで全快しておくのが礼儀」

GM:…ヒール要るw?

御堂:ええ、結構ほしいです。8点くらい削れてるんで

クー:こっちは微塵もダメージ無しw

GM:実はヒールUまで修得してますw

御堂:あと、プラーナの回復量も知りたいところ>魔石

……流石にプラーナ使わずに耐え切れる砲撃でもなさげですし

GM:ああ、低級魔石の回復量+1ってことにしておいて下さい。幸運ジャッジの十の位+1ってとこで

御堂:うぃす。んじゃ振ってみましょう。(ころころころころ→4点回復)……プラーナ5点あれば

当面は大丈夫かな。どうせ一回で使える量はたかが知れている

GM:まあ、ヒールは8+D、プラーナ入れるか(ころころ→出目:5

とりあえず17回復しておきます、HP

御堂:……て。ちょっと待った。それファンブルでは>5

GM:おっと、それは不味いので石割っておきますw

御堂:……危うくマホイミを食らうところにw

桐嶋「……絶妙にピンチだったけど、見ない振りで」

御堂:「……(首肯)では、参る……参式!」(AK起動

桐嶋「…血は血を伝い、《魂の通貨》を得たり。

《緋色の闇》、歪曲の幻、魔槍と成れ」(幻想魔装ぽっぷあっぷ)

御堂:耐え切れるかなあ。ちなみに、申告しておくと……HP43/魔防24

クー:期待値で74出れば死ぬか…出そうだなぁ(

GM:《魂の通貨》でアームドシェル5、ついでに諸々で魔導が26、魔攻は62ですので、

まあ出ませんが…マイナーでバーストファンタズム使うと出そうだけどさw

クー:ここでCを出すのがこのGMだということを我々は知っているw

御堂:まあ、とりあえず抵抗は放棄。魔攻かもんです

GM:ではダメージだけ振ります。ディストーションしてるので-5よろしく(ころころ→69

御堂:MP7点消費。神鎧&イナキャン起動。

イナーシャルキャンセラーでディストーションの魔防貫通分は相殺

GM:空間歪曲と神の加護のあわせ業となw

御堂:(ころころ)18点通し。

GM:む、全然だいじょうぶかw

御堂:「この機体そのものが聖遺物――最新鋭の技術と永代の神威が融合した神の盾にして矛

…………の、試作機だからな」

桐嶋「……なるほど」(一応ヒールしてくれるので、HPは戻ります

GM:で、おもむろに古びた本を月衣から出して、クーに渡しつつ。

御堂:(すたっと儀礼上機体から降り)

「故に、恥じることはない。お前は、俺に負けたのではなく神に負けたのだから」

 

*全くフォローになっていない

 

桐嶋「……ごっどぶれすゆー」(ひらひら)

クー:「神…ね。そんなものが一体何のアテになるものか」(憎憎しげにぽつり

御堂:「(肩をすくめ) 宗教という物が便利なのはな。いいことも悪いことも全部責任は神に丸投げ

できるという点にある」

桐嶋「…みんな幾つか置いていったから、魔法書もあるけど」(ごそごそ)

桐嶋「この世界の守りの呪い。多分、使えるはず(ぱす)」

GM:汎用の魔防UP 《プリズムアップ》の魔法書ですが、要りますw?

クー:一応持っておきましょうw あ、でも魔防基準ならそっちの方が高いか…

あ、プリズムアップって魔導基準か。ならこっちが持ちましょう

GM:+10は結構効くので

クー:ですねw

御堂:うぃ。こっちはMPが心もとないしなw

GM:レベル上がったけど魔法覚える暇なかったようなので、一つ報酬に出してみたりw

桐嶋「じゃ、あでぃおす」(すたすたすた→痛!?熱!?

 

*バリアと火炎を突破していったようです

 

GM:さて、ボス前最後のレベルアップですw

 

成長:御堂の場合(GL1011

御堂:……そういえば前回クラスチェンジをうやむやにしてたわけですが……ちょっとAKに戻って

おきたかったと思いつつ

GM:ああ、戻っててもおkですが。

御堂:うぃす。ちょっと《マシンポゼッション》を最後に取っておこうかなと。

クー:しかし、結構クラスチェンジ繰り返してますが経験点は大丈夫ですか?

御堂:これでまだ10点残る。クラスチェンジ以外に殆ど経験点を使っていないのだ

GM:タイルごとに3点ずつ入るとは言え、割と大量に使うからなぁ…w

GM:えーと、《マシンポゼッション》と…後は?

御堂:ここで得た3点差し引いて……残り10点。後は……何があります?

GM:ハイマニューバミサイルでも取るかね、AK所持伸ばしてw

御堂:……増設装甲みたいなのありますかね。AK

GM:一応、底力としては《ゼロドライブ》か《オートインジェクション》だが装甲か…ああ、AK用の

魔装とか有りますがw

御堂:お、mjsk

GM:お金掛かりますけどな。お金だけでいい、とも言う。

御堂:お金はなあ……これでAKから最後に聖職者に戻ってきっちり経験点を使いきろうと目論んで

いただけにw

GM:既にAKの両手塞がってるから、ビームシールドとか持てないのだよねw

御堂:ふむ。AK用の魔装は自前の魔装と被りますか?

GM:いや、AKだとそもそも、ヒューマン状態の魔装は使えない、はず

御堂:……mjsk

GM:うむ、専用以外解除、だな。逆にAK魔装はAK乗ってないと稼動しない

御堂:知らずにずっとミラージュウォール適用してましたw

GM:…外しておきなさいw

御堂:ふむ。AK用の魔装ってどんなのがありますでしょう

GM:MP低下が何処まで許容できるか、ですなw

御堂:ミラージュウォールの6は許容してました

クー:マスターオブナイトは行動値や魔法力が下がりすぎる(魔法−12、行動−5)から

プラズマカット(魔法−5、行動修正無し)あたりですかね。

GM:ですな。Lv3、防御・魔防+4、魔法-5で150Gpですか。

御堂:すげぇ、ミラージュウォールより高性能だ。でもお金は食うなあ

GM:スケールの大きい魔法ってことでw

クー:といっても経験点1で賄える価格ですし、むしろお値打ちかと。

御堂:まあ、これで聖職者には戻れなくなったがb

GM:これからはAKナイトとして生きて…ま、AKも乗り換えれば可能性無限大ですが

GM:…あ、経験点1で取ったなら、残り5万vは他の何か雑費にでもw

クー:箒のアクセサリセットとか(ヲイ

御堂:AK箒になってるが着けられるのだろうかw

GM:…付けれる、んだろうなぁ…w

クー:アクセサリもAK仕様にw

御堂:ではそれを買っておきましょう。巨大ストラップ(放熱索)付きに

GM:リボンを結びw

御堂:…アクセサリ、なのだろーか。まあいいや

GM:文字通りのアクセサリ(装飾品)じゃないかねw ちなみに、今ライダーは何レベル?

御堂:3ですな

GM:5なら、再起動取れたんだが…ポゼッションと、切り札2として《ハイシンクロナイズ》とか?

行動値以外の戦闘ジャッジを+CL+5、但しシナリオ中SL回まで、とゆー。代償が重圧。

御堂:……うげw

GM:あるいは、《ゼロドライブ》…戦闘値の判定+SL+2、ただし1D6HPダメージ。

こっちはダメージ入る以外、特に制限も無いので強い

御堂:ですな。そっちにしておきましょう

クー:はいぱーぼりあ?(

 

大導師・増田照男さんがアップを始めたようです

 

GM:……氷系の何かを得たら、そっちへw

御堂:では、《ゼロドライブ》と《マシンポゼッション》を1lvずつ取得で。

 

成長:クーの場合(GL1011

クー:とりあえずこちらは《ガーディアンエンジェル》を3Lにしときました

クー:あ、《伝家の術式》で《ウィザードシンボル》でも取りますか。魔法ダメージ+6

GM:うほw

 

インターミッション:ボス選択タイム

GM:…さて、ボスはどうしましょうw 2パターン…要は「PC仕様のエネミーを二体」か、

「普通のボス」のどっちかになるので、一応希望を聞いてみる

 

1:PC軍団2〜3名

2:ルルブのボス

 

御堂:難しいですな……とりあえずプラーナ回復(石二個で4点回復)

クー:んじゃこちらも一応魔石使っておきますか。(ころころ)1点回復ー。

GM:NW1のころは、魔石って無限リソースだったしなぁ…w

クー:なんかルルブ記載のボスでもラビリンスだとマンチPCより厄介なのが居そうでw

GM:まあ、10L何するものぞ、な低レベルとか居るしなぁ…w

GM:ちなみに、PCボスの場合「魔剣使い」「魔砲使い」「人造人間」から二名ってあたり。

無論、ダイスで(死)

クー:因みに、スペックはこのダンジョンで遭ったのと同じで?>PCボス

GM:えーと、10L仕様なので魔砲使いのみ一緒ですな。他は成長してる。

御堂:……やばい、勝てる気がしないwwww

GM:まあ、魔剣使いはバランスタイプ、人造人間も同じくですけど

クー:これは、せめて手数の少ないルルブボスルートに行くべきかもw

御堂:だな

GM:一応、HP減らした中級かHP増やした低級ですよ、相手w

クー:HP増やした低級がいいなぁ…HP減らした低級があの闇獣ですから。

御堂:w

GM:…まあ、10L有れば勝てるとは思う、と言うかこれで負けたら流石にw

ではボス逝きます?

クー:うぃ、ではレッツゴー

 

 

Boss  闇人、蠢く

 

←□  □→

 □  □

 □

  ↓ 

 

:矢印床+飛行禁止

:回復の泉(PC達が発見しなかったので未使用)

:扉

Boss

 

GM:ボスはルルブのエネミーのHP+100した物体に決定しましたので、頑張ってください。

…あんまり加減はしない()

御堂:……うはぁ

GM:さて、目の前に居るのは…何やら、頭に「まおーん」と札が張られた人が一名。

見た目、全身に怪物っぽい変移が進んでる、異形の青年って辺り。

御堂:「……なんと異様な」

GM:データは、闇の落し子です。

クー:「そう…貴方は、そちらに行けたのね」

御堂:そこっ、羨ましそうに言わない!?w

???「……(お札がぺりっと剥がれ)……ぃぃぃぃぃぃぃっ!!!」

GM:ちなみに、割と火力高くて強いので、死なないようにw

クー:「この世の全てを呪うまで、私はそっちには行けないけれど…その怨嗟、私が引き受けてやる」

GM:…よろしい、では爪を振り上げて威嚇しましょう。セットアップ、何か?

クー:《天使化》&《真天使化》ー

「呪いを受けよ…我が翼」

御堂:こっちは……まだ早いかな

GM:《瘴気の城砦》&《苦痛耐性》を稼動で。

GM:あと、スタンドアローンも稼動してます、全判定+6.

御堂:……結構厳しい戦いになりそーな

GM:「ォォォォォォォォォンッ!!!」

GM:では、他になければ行動値。

クー:「怨嗟の淵より来たりて―――」

「果て無き絶望を抱き――――」

「我は神裂く槍となる」

クー:「我、不具なる翼! デモンレイン!」(ころころ→20

GM:……どう見ても悪役ってかアンチヒーローですw

御堂:「……参式、起動……作戦名、神威!」(ころころ→23

GM:「ぅぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」(ころころ→24

では、殺戮開始。行動回数を捨てて、一撃必殺で叩き落してくれましょう、そこのマシンと

黒っぽい魔術士w

クー:いきなり死にそうw

GM:まず御堂へ、《フルパワーアタック》+《闇翔ける殺意》をば。

御堂:ちょwww 死ぬw

GM:捕縛は《苦痛耐性》でキャンセルしつつ、カウントを5消費して19→9まで落ちますから。

(ころころ)命中で40

御堂:(ころころ→ムリムリ)死ねと申されるかw

GM:ベース40+瘴気の城砦5+殺意3+フルパワーで+10、逝くよーw

御堂:来るな!?

クー:防御じゃプリズムアップも通じない、頑張って下さいw

 

SE:66点ずどーん

 

御堂:えーと、《神鎧》使って基礎値48……それでも18点通ってくるのか。きっついな。

GM:……あんまり効かないとなw

御堂:んじゃ振ってみます(ころころ)11点通し……うげ、結構削れた

クー:あ、行動値も+4されてるの忘れてた…まあいいか、次からで

GM:うむ、さすが火力タイプ……さて、こっちは9まで落ちますw

御堂:こっちは23.さて、二連で攻撃をぶち込めるチャンス、と

んではまずフェザーウォーク使いつつ接敵。で、殴ってみる。(ころころ→26

GM:殴られてみる…回避はスタンドアローン込みで21ですな。

御堂:……うげ。結構高いなあ

GM:(ころころ)うむ、避けてみた

御堂:マズは避けられて、と

クー:ふむ、てことは抵抗も結構高め?

GM:そうですな、ベースが13で、19くらいあります。

クー:ふむ、なら大丈夫か。

GM:……初手からラ・ディアル飛びますかもしやw

クー:マイナーで《ファストセット》《エンシェントルーン》《ダブルマジック》使用。

GM:……うはw

クー:そしてメジャーで《ラ・ディアル》連発w

SE:ゴッド・ラ・ディィィィィィィ!!

クー:最初のジャッジがCになって固定値30+10スタート&ファンブル無しで魔導ジャッジw

GM:酷ぇww

 

鬼畜天使降臨の図であった

 

クー:(ころころ→44)ついでに《刹那のチャンス》でプラーナマッチポンプw

GM:(ころころ→C→36)……ちw

クー:げ、C…危なかったw

御堂:……あぶねえw

クー:で、《死点撃ち》で魔防ジャッジを−10して、と。

GM:ダメージが物凄いっぽいのですけど……えーと、魔防18+-10…14しか無いぞ、基礎w

クー:ふむ、魔攻が38に《真天使化》で+4、魔法補正で+20で…あ、最大値の60超えた

GM:ひぃw

クー:では60にウィザードシンボルで+6されて66スタート。

クー:「…吼えろ…怒りの火柱!」(ころころ→73

GM:……あかん、HP280が砂山に見えてきた (ころころ)56通しw

クー:で、更にもう一発同じものが飛びますw

GM:ひぃぃぃw

クー:(ころころ)魔導52…何でココででるかな、こんな目w

GM:…ムリでしょw (ころころ→26)決して弱くないんだけどなぁ、このボス…w

クー:差分ダメージが欲しくなるなぁ…(ころころ→70)

御堂:一発で半分弱削り取りやがった……さすが

GM:(ころころ)53通して、累計109…何ということw

クー:しかしこれで17MP消費してしまった…《ファストセット》は重いな、やっぱり

桐嶋「(ぱちぱちぱち)」

クー:で、ラ・ディアル1発で3c消費するので次は4で行動。

御堂:うぃ。

クー:あ、次のセットアップで《パワースペル》使ってからなら更にダメージ逝ったか…後の祭り

そして《ゴッドパンチ》の効果を忘れていた自分。間抜けな…orz

GM:…w そうすると、まず御堂かw

御堂:こっちは11で再行動……《退魔》しつつ殴ります。マズは命中にプラーナ1

(ころころ→27)びみょ

GM:(ころころ)避けるものである。

御堂:イマイチですな。ではどぞ

GM:…You,飛んでたっけ?

御堂:……明言はしてませんが(はて)

GM:《地縫いの呪爪》とゆー、対空必殺技が有ってね?

御堂:どっちだろう……地上の相手と白兵戦するなら飛んでても意味ないし

クー:あー…言いたかないが天使化してるこっちは飛んでるナァ、確実に…

御堂:いめーじはキャス子ぶらすたー…w

GM:まあ、AKも原則、稼動してると飛ぶんですけどね。装備と同時に飛行状態になるようなので

御堂:お、そーなのですか。ならば已む無し。かもん

GM:ああ、絶対命中ですので。《ふるぱわぁあたっく》で底上げしつつ、爆殺。

御堂:こっちは手負いだぞバーロー!? ……といいつつとりあえずダメどぞー

GM:火力は71スタートで、どすっと。(ころころ→77

御堂:……どうしろとw

GM:あと、当たると狼狽して飛行解除します(

御堂:えーと、とりあえず再び《神鎧》で48スタート……うげ。結構くらいそうだなあ

御堂:プラーナ1点使用……解放力1の悲しさ

GM:一応、必殺と言うかこれが最大火力ですから、このボス

御堂:(ころころ→56)……更に1点。振り直し

御堂:(ころころ→F)げ

クー:…アッ

GM:ファンブルかw

 

こういう事故が起きるからナイトウィザードって止められませんよね

 

御堂:ヤバイヤバイヤバイ

クー:石は…さっき砕いたか

GM:NWらしいといえばらしいことに…w

御堂:てことはえーと……どうなるんだろうこの場合お

クー:固定値52−10で42。ダメージ35という結果に…

GM:…基礎-10で、42防いで35通す…死ぬのではw

御堂:ちょっきり死んだw

GM:そこで、《復活》をw

御堂:いや、倒れておきます。どうせ追撃も来ないし、現状当たらないので

GM:あー…ただ、復活すれば今死亡判定やって、一回殴っておけるとゆーのが。

クー:まあ、ラウンド最後というのが救いか。追い討ちが来ない上どうせ次セットアップで復活

御堂:生死判定でアッーしなければな……まあ、2lv持ってるしここでやっておくのも一つの手か

GM:流石に、生死判定でFったら、いかんともしがたいw

御堂:えーと……筋力か信仰でしたっけ

GM:いえす。

御堂:HPはちょっきり0なので…はて、基礎が何点だっけか。とりあえず振ってみよう

御堂(ダイス機能)10+2D6 = 10+(1+3) = 14

GM:…目標値15なので、振り直しを勧める

クー:…ある意味おいしいなコレ

御堂:フリナオシマスねー……あ。すとっぷ。この死活の石って使えます?(アイテム欄に目を留めて)

GM:ああ、使えます、正にw

御堂:ダイス運が怖いので使っておこう

SE:ぱっきん

御堂:で、成功して再起動……INS1で殴れます、と

GM:うむ、殴ってきませいw

御堂:その前にクーですw

GM:…もうラ・ディアルは勘弁してくださいw

御堂:勘弁するとワタシがマジで死ぬんですがw

クー:さて、ではラ・ディアルいきますか。今度は《ゴッドパンチ》も入れるのでもう少しダメージ

上がりますw

GM:ワキャー!?

クー:しかしエンシェントルーンは無いので、万一クリられたら避ける可能性大w

(ころころ→33)ファンブルはしなかったが…

GM:(ころころ)…しかしダメでしたw

クー:うし、命中。

GM:死点なければ24で振れる、ダイジョブ。うん。

クー:で、カウント4でラ・ディアルで3消費、残った1を《ドロウルーン》。

GM:ぐふっ!?

クー:微々たる物ですが使っておかなければ勿体無いw(ころころ→80

GM:をいをいw (ころころ)48通して………半分普通に切ってるよ、強化ボス…w

御堂:ふむ。切り札の切りどころと見た

クー:さて、2ターン目からはもっとプラーナを使いますかね

御堂:だがしかし、ここはマズは普通に殴る。INS

GM:普通に殴られる(ころころ)あ、ファンブったw

御堂:(ころころ→40)まあ、多少は通しておこうという

GM:…魔法ダメージなんだよなぁ…(ころころ)うむ、ちょびっと。10

御堂:ええ。それと軽減スキル使用不可という。

まあ、これで1ラウンド目終了、と……さて、後も無くなったしキメに行こう

GM:こっちも後ってか命数が…w

 

クー:さて、魔攻ジャッジをCにする《ガーディアンエンジェル》を私はまだ3回残している、

この意味が分かるな…?

 

*しかも1回のジャッジに1回までとは書いてないので3連続使用も可。多分

 

GM:《瘴気の城砦》&苦痛耐性》、コレ以上殴られて溜まるかw

御堂:ましーんぽぜっしょーん

SE:はいぱーもーどっ!

御堂:プラーナ1点消費で全修正+5……行動値には入らないんでしたっけか

GM:いや、行動値に機体補正が有れば、入る。補正のある数値にしか+5されないので、要確認。

御堂:えーと、ブラスナックルのデータは……あ、補正ついてないでやんの。

仕方なし、こっちも行動値にプラーナ1点(ころころ→28

クー:では行動ジャッジにプラーナ2点使用。残り6(ころころ→28)

GM:プラーナって何、美味しいのw(ころころ→25

御堂:ふむ、んじゃちょっと先手で殴ってみよう。トドメは任せる。

というのも、こっちコレでも当たるか微妙なので

クー:うぃ。あ、ちょいまった

御堂:ふに?

GM:ちなみに、こいつ冥系なので超級聖人で+10ブーストされます

クー:セットアップが終る前に《パワースペル》を使っておきます。魔攻+5

で、カウント−3されて25に。

GM:……ぐふw

御堂:我ら隙なしと。では28のこちらの行動。マイナーで《退魔》。メジャーで《天罰》を

GM:167喰らってるから、あと113……モウダメダw

御堂:「Dブルーム参式、聖威具象開始――双撃昇華呪装、起動!」

御堂:(さあ殴りますよーといいつつマズは命中にプラーナ1点(ころころ→36

GM:本当に双撃なのが何ともいえず (ころころ)……何故ふぁんぶるw

御堂:さあENブーストもくれてやるw 後プラーナ1点使用。これで更にブラスナックルの効果で

4点底上げ

GM:粉々にされそうな悪寒がズビズバとw

御堂:この効果には流石にマシンポゼッションは乗らないと思われるのでちょっとしょんぼりしつつ

(ころころ→79どかーん)

GM:それは補正値じゃ無いからな、一応w (ころころ)……またファンブルかいw

クー:…オイシ過ぎるw

GM:65通して……双撃で爆死しそうな勢いですけどw

御堂:だがまだ返しの左があるのです。命中に更にプラーナ1点……(ころころ→37)

GM:往復ビンタとな(ころころ→29

クー:ああ、こちらが切り札出すまでも無かったか…w

御堂:むしろわんつーぱんち。今度はENブーストが抜けて、ダメージにプラーナ1点(ころころ→72

GM:232の…あと48通されたら砕ける(ころころ→30

御堂:……あ。生き残った

GM:……42通して、残り6.…瀕死も瀕死なw

クー:「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅぐあ ふぉまるはうと…」

(トドメ準備中)

御堂:「やはり、試作機は試作機ということか……(放熱) 任せるぞ、クー」

GM:「……(ぴくぴく)」

クー:では最後に1発残った《エンシェントルーン》を使用。《刹那のチャンス》でプラーナ回収しつつ

魔導ジャッジー(ころころ→45

御堂:どうせだし最大火力で花火上げてしまえw

クー:無論そのつもりですともw

GM:(ころころ→抵抗失敗)汚い花火だアッー!?

クー:で、《死点撃ち》で魔防−10。更に魔攻ジャッジでは《ガーディアンエンジェル》も。

まあ、アレはタイミングがジャッジ直後なんで素でC出したら更に上に行くんですがw

GM:……ぎゃふん

御堂:HANABIにされ魂を浄化(調教)された落とし子はいつの日か必ずやファンとして

我々の前に姿を現すであろう…

クー:で、《ドロウルーン》でカウント6消費して魔攻+12。合計で…88スタートかw

SE:ぅぉぉぉぉぉ!!クーサマ最高ー!!

 

*周囲のファンはヒートアップしている!

 

御堂:……あ。そっか。クーにへち倒されて「いい女じゃないか…」した連中の成れの果てか。ファン

 

*道理で不死身なわけである。

 

クー:「んがあ ぐあ なふるたぐん」

クー:(ころころ)…あ、素クリw

GM:ぶはw

クー:(ころころ)GA一発目ー

クー:(ころころ)二発目ー

クー:(ころころ)三発目ー

クー:(ころころ→C→ころころ)

GM:……空中多段コンボを決められてる感じなのですけどw

クー:えーと、全部で5回Cが出たから…145ダメージです☆

「いあ くとぅぐあ!!!」

GM:(ころころ→20)…木っ端微塵に散りました、ええw

御堂:きっと熱烈なファンになって彼は帰ってくることだろう。Amen

GM:……すべては砕け散ってw

御堂:「灰は灰に。塵は塵に……Amen

 しかしだな。塵すら残ってないんじゃないか?(ぽそ」

桐嶋「……残ってる(ひょこ)」

桐嶋「わーるどぴーす・「澄みし黒結晶」」

クー:「…闇渦巻く世界に。汝ら冥魔、還る場所無し。故にその怨嗟の声は、私が全て背負おう…」

(蒸気あげつつ

桐嶋「(それじゃ、ということで黒い結晶ぱす)」

御堂:……どちらに?w

GM:背負う人にw

クー:「(ぱし)」

桐嶋「(じゃ、そういうことで)」(すたすた

御堂:……あ。ラウンド終わったからAK解けた

「……(血まみれですたっ」

御堂:「……流石に、疲れたな(ふぅ」

クー:「…で、コレ何?」(異世界のことはちょっと疎いヒト

GM:踏破完了、まあレベルは上がるがw

御堂:「……後でシスティナの奴にでも聞いてみろ。俺は説法も説明も下手なんだ」

桐嶋「(ひょこ)このはぐれ異次元で、他の小さい世界同士を繋ぎあうための「断片」。大事なもので、

価値の有るもの」

桐嶋「親切な魔王のおねーさんが、希少なアイテムと引き換えてくれる、はず」

クー:「ふうん…ま、いいわ。要するに呪う対象が増えたってことでしょう?」(マテ

桐嶋「……呪詛返しには気をつけること」(すたすた)

クー:「重々承知」

御堂:「(敢えて訂正はしない漢。訂正しても説明できる自信が無い+聞いてもらえるとは思えないと

いう二重のヘタレっぷり)

GM:かくて、ワールドピースも獲得して…まあ、誰が持ってても良いが、最終レベルアップ

できますぜw

御堂:うぃーす。

 

最終成長:御堂の場合(GL1112)

御堂:さて。12点……今更聖職者に戻っても仕方ないのでひとまず保留。で、AK上げるべきか否か

GM:アタッカー伸ばすって選択肢はないのかなw

クー:澄みし黒晶ってコトは恩讐の槍か…特に要らないかな

御堂:あ。ソレをAKアームズとして登録するとどうなるんだろう(ふと

GM:結構強いけど、命中補正-5ですよw?

御堂:イリマセン(即答) アタッカー……伸ばすとすると何が取れるだろう(はて

GM:えーと、1まで上げて、とりあえず《振りかぶり》とか《捨て身の一撃》?

御堂:……捨て身は防御が下がりそうで怖いなあ

GM:ダメージ+10は大きいけど、-3ペナが累積で増えてくからな…リアクション、同じラウンドで

使うとドンドン下がりますw

御堂:振りかぶりの方は

GM:武器重量分、ダメージを追加するマイナーです。カウント3代償で。

御堂:なるほど……ただ、5しかない。シーン連射で使える退魔に比べると、ちょっと見劣り

GM:(ふむ)そうすると、《ヒットアンドアウェイ》とかは? ラウンド中SL回まで、行動後に

戦闘移動が出来る。

御堂:あー、ソレはちょっとほしいかも。特に多数戦の時は重宝しそうなので

GM:結構使えますよ、射程伸ばす能力とかあるとさらに。

御堂:それと、フェザーウォークと組ませると結構広がるな、と

GM:あとは、それと組み合わせて《スピードスター》。移動を行った後の攻撃一回を、

命中・ダメージとも+2するパッシブ。或いは、もっと真っ当にマスタリー伸ばすとかもあり。

御堂:箒マスタリーとな

GM:あるいは、《ウェポンマスタリー:格闘》?

御堂:お。ソレは使い出がありそうな。効果はどんなもんでしょ

GM:ああ、効果は一緒。ただ、複数の種別が該当する攻撃では、複数のマスタリーを同時に

有効にするので。その武器の命中が+「SL+1」な。アタッカーの基礎スキルではある

御堂:ふむ。取っておきましょう

 

最終成長:クーの場合(GL1112)

クー:こちらは《超天使化》と《賢者の輝き》を取得。そろそろ魔術師に移ってもいいかもしれない…

GM:……誰か、あの魔道へ順調に踏み外してる大砲を止めてw

 

GM:ちなみに、レベル今12?

御堂:うぃ

GM:……十分、一級のレベルか。二人でボス駆逐できるんだし

 

 

斯くして、一級レベルのウィザードが二人促成された今回のダンジョン。

今後、彼らがいかなる形で世界を守っていくのか……それはまた、別のお話ということで

 

 

 

TRPGリプレイコーナー